サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】6位ミラー、オランダGPでのペナルティに「ふざけた決定」と不満。2戦連続ロングラップペナルティ受ける

ここから本文です

 2022年のMotoGPはサマーブレイク前最後のレースとなるオランダGPが終了。フランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)がポールトゥウィンの完勝で後半戦へ勢いを付けた。

 しかしその一方で、チームメイトのジャック・ミラーは、またしてもロングラップペナルティによって大きな影響を受けたレースとなってしまった。

■クアルタラロに次戦ロングラップペナルティの裁定。オランダGPでアプリリアのエスパルガロを“道連れ”寸前

 ミラーは2日目の予選中に転倒を喫したあとにレーシングラインをスロー走行していたことで、マーベリック・ビニャーレス(アプリリア)の妨害をしたと判断され、ペナルティを受けた。

おすすめのニュース

サイトトップへ