サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2最終戦サクヒール:角田裕毅、フリー走行トップタイム! スーパーライセンス確保に向け好発進

ここから本文です
 FIA F2選手権第12ラウンド(最終戦)のフリー走行がバーレーン・インターナショナル・サーキットの“アウター・サーキット”で行なわれた。角田裕毅(カーリン)は1分03秒267を記録し、トップタイムだった。

 2020年シーズンのF2も、バーレーンの超高速レイアウトでの最終ラウンドを残すのみとなった。F1昇格に向けてスーパーライセンスを取得するためには、ランキング5位以上でシーズンを終えたい角田だが、現在そのボーダーラインである5番手。6番手のクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)との点差も8点しかなく、油断できない状況だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ