サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 昨年実施のF1リヤウイング追加調査の結果は「インチキなし」。FIAはさらなる高精度の検査目指す

ここから本文です
 2021年シーズンのF1では、レッドブルとメルセデスが激しいタイトル争いを繰り広げる中で、レッドブルが「メルセデスはフレキシブルウイングによって直線スピードを稼いでいる」と指摘し、話題となった。

 レッドブルの主張は、メルセデスが高速走行時にリヤウイングのメインプレーンをたわませて、空気抵抗を減らす巧妙な方法を見つけた、というものだった。レッドブルは、エンドプレート内側についた跡がメルセデスのリヤウイングが動いている証拠だと主張したが、メルセデス側はそれを否定していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ