サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 重くてつらいはもう古い!? 最新バイク用エアバッグ事情

ここから本文です

■MotoGPでも使用されているエアバッグシステム

 バイク用エアバッグというと、安全性は高くても、高価で重くて着るのが大変など、マイナスの印象が強いと思います。

カワサキ新型「J300」発表 デザインはまさにスクーター版「Ninja」?

 そのせいか、ツーリングなど一般道を走るライダーが着用している光景はあまり見かけないのが現実です。

 しかし、2018年からロードレース世界選手権(MotoGP)ではエアバッグの着用が義務化され、2020年からは全日本ロードレース選手権でも18歳以下のライダーへの着用を義務化することが発表されるなど、レースの世界ではエアバッグを着用しているライダーの姿を見かける機会が増えてきました。

おすすめのニュース

サイトトップへ