現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【JMS2023】レクサス SDV「アリーン」がもたらす革新的コンセプトEVモデル「LF-ZC」「LF-ZL」を公開

ここから本文です

【JMS2023】レクサス SDV「アリーン」がもたらす革新的コンセプトEVモデル「LF-ZC」「LF-ZL」を公開

掲載 1
【JMS2023】レクサス SDV「アリーン」がもたらす革新的コンセプトEVモデル「LF-ZC」「LF-ZL」を公開

レクサスは2023年10月25日、「ジャパンモビリティショー 2023」で「Pushing the Boundaries of the Electrified Experience」をテーマに、電気駆動のコンセプトモデルをラインアップ。

2026年導入予定の次世代バッテリーEVのコンセプトモデル「LF-ZC」と、未来のビジョンを示唆するEVフラッグシップコンセプトモデル「LF-ZL」を世界初公開した。

ランドローバー ディフェンダーに人気オプションを標準装備した特別仕様車を限定100台で発売

■LF-ZC
レクサスの次世代EVの第1弾が「LF-ZC」だ。新技術のアルミ鋳造一体部品のギガキャストの導入などにより車体構造・コンポーネントを小型軽量化することで、より自由度の高い車両パッケージングを実現。

ギガキャストは、車体をフロント、センター、リヤに3分割した新モジュール構造で、キャスト(鋳造)化による形状自由度が向上し、一体成形により締結部を減らすことで剛性を向上。そして車体ボディのセンター部分に電池を搭載することで、フロント、リヤは構造上の影響を受けず、今後のバイポーラ式バッテリー、LFP電池、固体電池などで、パッケージ容量、形状が変化する電池の進化に、素早く車両に取り込むことが可能というわけだ。

生産工程においても、組立中のクルマが自ら走り、次の工程に移動する「自走組立ライン」を採用し、フロント、センター、リヤの3つの部品に、電池、モーター、タイヤ、無線端末が付いたただけの状態で自走を実現。

ラインからコンベアをなくすことが可能となり、工場のレイアウトが自由自在に変更でき、年単位におよぶ量産に向けた準備期間や、数十億円にのぼる工場投資を削減できるメリットを追求している。

また「LF-ZC」はレクサス走りの味の継承と、電動化技術の進化によって、機能とデザインに妥協のない高性能EVとしている。低重心で凝縮感あるフォルムと広々とした室内空間としながら、スリークなプロポーションで機能性とデザインを両立させている。

走行性能はEVならではの優れた低慣性モーメントによる素性の良さに加え、RZなどのEV開発で培ってきた4輪駆動力システム「DIRECT4」のシームレスな駆動力コントロールや、ステア・バイ・ワイヤによる直感的でリニアなステアリングフィールにより、ドライビングプレジャーを追求している。

インテリアは、デジタル・インテリジェント・コクピットを採用。必要な機能を必要なタイミングで直感的に操作することが可能で、運転に没入できる環境としている。

新たなソフトウェアプラットフォーム「アリーン OS」の採用により、先進安全技術やマルチメディアをはじめ、時代の進化に合った機能を順次アップデートが可能で、ソフトウエア・ディファインド・ビークルになっていることも訴求点だ。

さらに走る、曲がる、止まるなど基本性能も、ドライバーに適したパーソナライズが可能で、ハードウェアとソフトウェアの両面でドライビングプレジャーを追求するとしている。

最新AI技術を活用した次世代音声認識も装備し、音声入力に対する素早い反応や臨機応変な提案を行ない、まるでバトラー(執事)と会話をしているようなサービスも搭載。従来のナビゲーション機能の枠を超えて、日頃の行動パターンから、その時々の感情までも検知し、ドライバーの好みに合わせた走行ルートやモードの提案もできるという。

内装はサステナブルな取り組みとして「Bamboo(竹) CMF Concept」を採用。テクノロジーと伝統的な素材の新しい可能性に挑戦している。

デザインは、挑発的な存在感とシンプルなデザインの融合を目指している。空力性能に主眼を置き、EVならではの機能、構造をデザインの特徴とし、低重心で凝縮感あるエクステリアとしている。

スピンドルボディはフロントフェイスだけではなく、ドアサイド、リヤバンパーへと断面を連続させることで、電動化による機能とデザインの進化を全方位で象徴的に表現。

エアインテーク、エアアウトレットなどの空力デバイスを取り込むことで、空力性能に配慮しつつもコモディティ化させない個性的なエクステリアとしている。

インテリアは、従来は広い範囲に散らばっていた各種の操作機能を、ステアリング両サイドのデジタルパッドに全て内蔵しているのが特長だ。シフトやドライブモードセレクトなどの車両に関する操作系は左のデジタルパッドの中に、音楽やクライメイトコントロール、電話やAIからの提案に対する応答などの快適装備系は右のデジタルパッドに格納し、直感的で操作しやすい操作系としている。

搭載バッテリーは、次世代電池パフォーマンス版(角形)を採用し、電費性能を向上することで従来のEV比で約2倍の航続距離1000kmを目指している。

なお「LF-ZX」のボディサイズは、全長4750mm、全幅1880mm、全高1390mm、ホイールベース2890mmと発表されている。

■LF-ZL
「LF-ZL」は次世代EVアーキテクチャーと、アリーンOSがもたらすソフトウェアの革新により、プレステージな所有体験がクルマ以外にも拡張できるレクサスのフラッグシップとして提案されたコンセプトモデルだ。

EVならではのパッケージングの自由度の高さや空間効率の良さを活かした広々とくつろげるインテリアに、従来のおもてなし装備をより先進的かつ心地よいものとすることで、これまでになかったラグジュアリーを提案する。

アリーンOSを最大限に活かすことで高度な情報連携を行ない、ドライバーのニーズを学習し、先回りしてくれるサービスなどでトータルでの移動のパーソナライズを実現させるとしている。

さらに社会インフラや様々なサービスを受けられるなど、新たな体験価値を生み出す「Interactive Reality in Motion」が特長だ。クルマに搭載されたセンサー類と社会のデジタル情報を連携させ、ドライバーが運転中に外の風景の中で気になった場所やモノを指さすと、その情報が車載ディスプレイに即座に表示され、音声案内を行ない、よりインタラクティブに人とクルマが繋がることを目指している。

またビッグデータの活用により充電、給電双方のエネルギーマネジメントを行ない、クルマが停車しているときは社会インフラの一部としてネットワークに接続させるなど新たな価値を生み出すクルマとなっている。

「LF-ZL」のボディサイズは、全長5300mm、全幅2020mm、全高1700mm、ホイールベース3350mmとされている。

レクサス 関連記事
レクサス 公式サイト

The post 【JMS2023】レクサス SDV「アリーン」がもたらす革新的コンセプトEVモデル「LF-ZC」「LF-ZL」を公開 first appeared on オートプルーブ - Auto Prove.

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

新型[ノートオーラ]ニスモ4WD初試乗! コーナーの路面喰いつきハンパねえ! R32GT-RのアテーサE-TSの再来か!?
新型[ノートオーラ]ニスモ4WD初試乗! コーナーの路面喰いつきハンパねえ! R32GT-RのアテーサE-TSの再来か!?
ベストカーWeb
新型トール&ルーミーの発売が2027年秋に延期 軽HVも開発中止 ますますスズキに差を付けられる現実 がんばれダイハツ!
新型トール&ルーミーの発売が2027年秋に延期 軽HVも開発中止 ますますスズキに差を付けられる現実 がんばれダイハツ!
ベストカーWeb
新車は待てない!! 今すぐクルマが欲しい人必見!! アタリ中古車をつかむための11のポイント
新車は待てない!! 今すぐクルマが欲しい人必見!! アタリ中古車をつかむための11のポイント
ベストカーWeb
記録的猛暑になりそうな2024年夏を乗り切れ! 夏バテを防ぐ高速道路SA・PAのがっつりメニューを紹介!!
記録的猛暑になりそうな2024年夏を乗り切れ! 夏バテを防ぐ高速道路SA・PAのがっつりメニューを紹介!!
ベストカーWeb
車内に居れば「日焼け」は防げる?? JAFがテストしたUVカットガラスの日差し防御力
車内に居れば「日焼け」は防げる?? JAFがテストしたUVカットガラスの日差し防御力
ベストカーWeb
ロイヤルエンフィールド、新型ロードスポーツ『ゲリラ450』発表 日本発売は2025年
ロイヤルエンフィールド、新型ロードスポーツ『ゲリラ450』発表 日本発売は2025年
レスポンス
ガソリンが腐るって本当!?バイクを長期保管するには
ガソリンが腐るって本当!?バイクを長期保管するには
バイクのニュース
マツダ“新”「小さな高級SUV」発表! 全長4.4m級「ちょうどイイサイズ」に上質内装採用! 新型「CX-30」機能向上し発売
マツダ“新”「小さな高級SUV」発表! 全長4.4m級「ちょうどイイサイズ」に上質内装採用! 新型「CX-30」機能向上し発売
くるまのニュース
【ホンダ フリード 新型】CROSSTARのインテリアでゆったりした気持ちになれる
【ホンダ フリード 新型】CROSSTARのインテリアでゆったりした気持ちになれる
レスポンス
都心のど真ん中で初の開催! 全日本カート選手権EV部門を「シティサーキットTOKYOベイ」で実施
都心のど真ん中で初の開催! 全日本カート選手権EV部門を「シティサーキットTOKYOベイ」で実施
LE VOLANT CARSMEET WEB
映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
レスポンス
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
くるまのニュース
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
motorsport.com 日本版
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
WEB CARTOP
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
レスポンス
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
くるまのニュース
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
motorsport.com 日本版
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
  • ベロ
    もうちょっとスッキリしたデザインにならないものか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

350.0350.0万円

中古車を検索
テーマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

350.0350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村