サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】自ら手がけた244号車が優勝も、自チームは苦戦……“身の置き所がない思い”の土屋武士「性能調整は機能していない」

ここから本文です
 8月に鈴鹿サーキットで行なわれたスーパーGT第3戦では、GT300クラスを制した244号車たかのこの湯 GR Supra GTの面々が、参戦2年目で手にした初勝利の喜びを噛み締めていた。しかしその裏で、「身の置き所がない思い」に駆られた者がいた。それが、244号車の車両メンテナンスを請け負うつちやエンジニアリングの代表で、HOPPY team TSUCHIYAの監督を務める土屋武士だ。

 土屋監督が複雑な感情に苛まれた理由には、HOPPY team TSUCHIYAが走らせる25号車HOPPY Porscheの苦戦がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ