サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜクラクション音に種類が存在? 「プッ」から「パァーン!」と異なる理由

ここから本文です

■たまに聞こえる、変わり種クラクションの正体とは?

 クルマのクラクションは、免許を持っているドライバーであれば一度は鳴らしたことがあるでしょう。

誰もが憧れた「光るナンバー」 大流行から激減へと変貌した理由とは

 クラクションには意外と多くの種類が販売されており、なかには何度も鳴らしたくなるような心地よいサウンドを奏でるものまで存在しています。

 クラクションは全てのクルマに付いている機能で、ボンネットやバンパーなどの内部に取付けられている「ホーン」と呼ばれる装置を通して音が鳴る仕組みになっています。そして、ホーンは「平型」と「渦巻」の大きく2種類のタイプがあります。

おすすめのニュース

サイトトップへ