サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、迷走はまだ続く。ラッセル「トラップにハマり続けている感じ……」

ここから本文です

 メルセデスはF1カナダGPの週末を経て、”空力由来”のポーパシング問題が解消できたと考えているが、セットアップの面ではまだまだ苦しんでいる。

 メルセデスのW13は足回りが硬く、路面の凸凹や縁石に対応できていない。そのためバウンシングや、マシンが底を打ってしまうボトミングに見舞われているようだ。

■メルセデス、ポーパシング問題に”ようやく”ピリオド。「解決完了」を報告……残る問題はバウンシング

 ジョージ・ラッセルによると、チームがマシンの何かを変更するたびに、別の問題が出てきてしまうようだ。そのため、エンジニアたちはサーキットごとに独自の課題に取り組むことになり、次のイギリスGPでも何が起こるか分からないという。

おすすめのニュース

サイトトップへ