サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 超豪華ライブ映像を大スクリーンで!『Gorillaz:ソング・マシーン・フロム・コング』

ここから本文です

超豪華ライブ映像を大スクリーンで!『Gorillaz:ソング・マシーン・フロム・コング』

■劇場で最高のライブを味わう!

 Blur(ブラー)のデーモン・アルバーン率いる覆面バンド、Gorillazのオンライン・パフォーマンス『Song Machine Live From Kong』が全世界で劇場公開されます。ギタリストのヌードル、ベーシストのマードック・ニカルス、ドラマーのラッセル・ホッブス、そしてフロントマンの2-DからなるGorillazは“最も成功した架空のバンド”としてギネス認定されているだけあって、デジタルコンテンツとの相性も抜群。大劇場の大音量で体験するライブパフォーマンスは、自宅のラップトップでは再現できない臨場感と感動を与えてくれるはずです。

ホンダCL200に乗ってあの頃へ帰ろう……ゴリラズ「Aries」

 同ライブは、Gorillazが招いた多数のスペシャルゲストも大きな見どころのひとつ。エルトン・ジョンやロバート・スミス、BECK、Leee Johnといった大物に加え、ScHoolboy Q、JPEGMAFIA、6LACK、Slaves、Slowthaiなどなど、過去にフィーチャリングされた新進アーティストが一同に介します。日本からはCHAIが参加!

 また、昨年のリリース時にバイクのニュースでもミュージックビデオを紹介した「Aries」に参加したピーター・フックとGeorgiaも、もちろん登場。同曲のMVではホンダ「CL200」が印象的に使用されていましたが、Gorillazのアートワークには乗り物が欠かせないので、今回のライブ映像にも何らかのバイクが登場することでしょう。ちなみに、過去にはバンド名にちなんだHonda「ゴリラ」を来日公演タイミングでSNSに投稿していました。

 なお、今回映画館で限定公開される舞台裏映像「Live From Kong」には、未公開のインタビュー映像やデーモン・アルバーンと、Gorillazのキャラクターデザイン/アートワークを手掛けるジェイミー・ヒューレットの解説が含まれるとのこと。ジェイミーの代表作であるコミック『タンク・ガール』のファンも見逃せない内容となりそうです。

 2017年にフジロックフェスティバル、2018年には単独で来日公演を行っているGorillazですが、いつの日か再び生で観られる日が来ることを祈りつつ、今は『Gorillaz:ソング・マシーン・フロム・コング』で彼らの最新パフォーマンスを堪能しましょう。

 本作は2021年12月8日(水)~12月16日(木)まで新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン池袋、ヒューマントラストシネマ有楽町上映、ほか全国劇場では12月8日(水)~9日(木)の2日間限定で上映です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します