サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ランドローバーの電動化戦略】次期イヴォーク、ディスカバリー・スポーツ ついにEV化 レンジエクステンダー搭載

ここから本文です

【ランドローバーの電動化戦略】次期イヴォーク、ディスカバリー・スポーツ ついにEV化 レンジエクステンダー搭載

次世代イヴォークは2024年登場

text:Hilton Holloway(ヒルトン・ホロウェイ)

【画像】英国ランドローバーの高級SUV【ディスカバリー・スポーツとイヴォークをじっくり見る】 全144枚

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ランドローバーは、次世代のイヴォークとディスカバリー・スポーツに革命を起こすべく、EVに特化した新プラットフォームを採用し、ガソリンを燃料とするレンジエクステンダー・ユニットを搭載する計画を明らかにした。

エレクトリファイド・モジュラー・アーキテクチャー(EMA)と名付けられたこのプラットフォームは、はじめから高度な運転支援システムと広範なクラウド・コネクティビティに対応するように設計されている。

EMAの特徴であるシンプルさは、ジャガー・ランドローバー(JLR)が抱える品質上の課題にも対応している。同社のティエリー・ボロレCEOは最近、「年間10万台の販売を犠牲にしている」と認めている。

このEMAプロジェクトは、2026 年までの100億ポンド(155億円)規模の投資計画の一部となる。JLRは、新型レンジローバー・スポーツ、ヴェラール、ディスカバリーの発売を予定しており、これらは全て次期MLAプラットフォームをベースにしている。ディスカバリーは、スロバキアではなく英ソリフルで製造される予定。これは、ジャガーFペイスが廃止され、ジャガーブランドの完全EVの次世代ラインナップに移行するためだ。

EMAは、JLRの将来の展望と安定した利益創出を目指す上で非常に重要な役割を持つ。JLRは、2030年までにEMAをベースにしたモデルが会社全体の販売台数の半分を占め、年間32万5千台の高収益モデルになる可能性があると推定している。

AUTOCARは、EMAを最初に採用するモデルは、2024年に発売される次期イヴォークであり、その後すぐに第3世代のディスカバリー・スポーツが続くと予想している。EMAの生産ラインは、ランドローバーのヘイルウッド工場に設置されると考えられる。

一方で、ランドローバーはすでに投資家に対して、今後6年間でディフェンダー・ファミリーのモデルをさらに2車種発売することを明らかにしている。詳細は発表されていないが、一方は完全EVになると予想されており、どちらも現行のL663世代のディフェンダーが使用しているD7xプラットフォームをベースにしたものではなくなる。

つまり、どちらもEMAをベースにしていると考えられるため、スロバキア工場にも同生産ラインが導入され、EU市場向けの新世代車両の生産が可能になるかもしれない。

2つのプラットフォームで棲み分け

AUTOCARは、EMAモデルは高級車市場に投入されると考えている。投資家に公開された詳細情報によると、MLAベースのレンジローバーを始めとする将来のモデルは、最も収益性の高い市場にしっかりと配置されるという。

具体的には、新型ディスカバリー・スポーツとイヴォークは、電動プラットフォームの開発・製造コストがかかることもあり、ベース価格が高く設定されることになるだろう。2024年後半の発売時には4万ポンド(約618万円)近くになり、電気のみでの走行距離は最低でも97kmになると予想される。

JLRは、2030年までに、EMAベースの車両が全販売台数の約50%(34万台相当)、MLAベースの車両が約40%を占めるようになると見込んでいる。一方、ジャガーのEVは12%と控えめな数字となっている。

EMAは実質的に、床置きの大型バッテリーやハイブリッドサイズの小型バッテリーを搭載できるEV用プラットフォームであるが、「リーンバーン技術で設計された」小型のレンジエクステンダー内燃エンジン(ICE)が組み合わされている。

JLRの投資家向け説明会によると、このレイアウトは、「複数の内燃機関を1つのシンプルな小型ICEに合理化し、コストを排除する」ことを意味しているという。JLRの社内ICE生産が大幅に合理化されることになるようだ。

全体的には、マツダMX-30に採用されたプラットフォームと非常によく似たソリューションだ。ただし、マツダのレンジエクステンダー仕様では、パワーユニットとして小型のロータリーエンジンが搭載される。

電気モーターで各アクスルを駆動することにより、従来の機械式トランスミッション、ディファレンシャル、ドライブシャフト、プロップシャフトが不要になる。レイアウトがシンプルになり、駆動系のトラブルが減るだけでなく、オフロード性能の向上につながる。

なぜなら、トルクとパワーを各車輪に個別にきめ細かく割り当てることができるため、機械式のシステムよりもはるかに迅速かつ制御しやすい方法で、スリップを減らし、グリップ力の高い車輪に駆動力を振り向けることができるからだ。オンロードでのハンドリングや乗り心地の改善(アンダーステアの解消など)も同様の理由で可能だ。

自動運転など最新技術にも対応

JLRの内部資料によると、EMAは「最も価値の高い部品であるバッテリーを中心に設計されている」という。シンプルに設計され、さまざまな化学的性質のバッテリーに対応しているとのことだ。また、フラットなフロアは「最大限の室内空間を確保できる」としており、これは7人乗りのディスカバリー・スポーツの存続にもつながる特徴だ。

全輪駆動システムには、800V対応の新しい電動ドライブユニットを採用し、「クラスで最もトルク密度が高い」とされている。また、JLRのエンジニアによれば、この新しいモーターは「92%の効率」を誇り、1kWhの電力消費で6.4~7.2kmの走行が可能であるという。

同様に重要なのは、EMAでデビューすると思われる新しい電気アーキテクチャーの導入である。これは、「社内で設計された、最先端の、ドメインベースのEVアーキテクチャー」と表現されている。JLRによれば、「イーサネット・バックボーン」により「ECUの統合と削減」を可能にしているという。

資料によると、新型イヴォークとディスカバリー・スポーツには、レベル2、レベル2プラス、レベル4の自動運転機能が搭載され、他の車両や交通管制ネットワークなどのインフラとの通信が可能になるという。また、いわゆる「オフボード・データ・マネジメント」により、「メンテナンス時期の予測」が可能になる。

多くの自動車メーカーと同様に、JLRはコネクティビティによって新たな収益機会を得られることを期待している。ソフトウェアやファームウェアの無線アップデート、新世代のアプリを提供するとともに、新しい支払いシステムを可能にし、「キュレートされたデジタル・メディアとカスタマイズされたブランド体験」の実現を目指す。

パワートレイン戦略の中で、水素技術は選択肢に残っている。公式には、「プロジェクト・ゼウス」としてJLRが進めている燃料電池研究プログラムの詳細を公開するには「早すぎる」としている。

しかし、内部情報によると、燃料電池は、「先進的な電気推進」パワートレインのための航続距離延長ハードウェアとして、「将来的に活用される」可能性が示唆されている。

大型モデルを支える第2のプラットフォーム

ランドローバーは、新グローバル戦略「Reimagine(リイマジン)」の一環として、すべてのモデルのプラットフォームをMLAおよびEMAのいずれかに切り替える。

このうちMLAプラットフォームは、2022年にフラッグシップのレンジローバーに採用された後、レンジローバー・スポーツに展開される。姉妹ブランドであるジャガーのフラッグシップモデルXJ(EV)は当初、MLAを採用する予定だったが、今年初めにラインナップから外された。

アルミニウムを主体とするこのプラットフォームは、完全EV、マイルド・ハイブリッド、プラグイン・ハイブリッドの各パワートレインに対応し、ランドローバーのソリハル工場で生産されるモデルに使用される。

ヴェラールの将来性についてはまだ不明だ。ランドローバーは、今後5年以内にEV専用モデルを発売することを約束しているが、ヴェラールがそのモデルとなる可能性がある。ヴェラールをEVとすることで、部分的に内燃機関を搭載するイヴォークとより実質的に差別化することができる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します