サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型レクサス ESデビュー! プレミアムセダンとしての資質をより高めて世界初公開

ここから本文です

新型レクサス ESデビュー! プレミアムセダンとしての資質をより高めて世界初公開

Lexus ES

レクサス ES

ヨーロッパ開催のF1グランプリでアロンソやオコンの足に! アルピーヌ A110 トラックサイドカーを発表

国内発売は2021年秋頃を予定

1989年の登場以来、世界80以上の国や地域で販売されている、レクサスのアッパーミドルセダン「ES」。その最新モデルが世界初公開された。国内発売は2021年秋頃を予定している。

レクサス ESは、FFレイアウトが生み出す広い室内空間と上級車ならではの静粛性と乗り心地を武器に、これまで累計約265万台を売り上げたレクサス随一の販売実績を持つベストセラーモデル。今回発表された最新モデルは、走行性能や内外装の意匠や装備機能にまで及ぶ改良が施されている。

静粛性と乗り心地に加えて、“気持ち良い”走りも追求

まず走行性能に関しては、レクサスの原点である優れた静粛性と乗り心地を強化。さらにリヤサスペンションメンバーブレースの剛性を向上させることで、幅広い走行状況下で減速、操舵、加速がシームレスに繋がる気持ち良さを追求している。

また「F SPORT」には、アクチュエーターを用いて減衰力の低減や可変幅を拡大できる最新のリニアソレノイド式AVS(Adaptive Variable Suspension system)を採用。従来車以上の上質な乗り心地と操舵応答性、安定性を実現したという。

エクステリアはフェイスリフトを実施。フロントグリルの意匠がメッシュパターンに変わり、ヘッドライトユニットを小型化。メインの3眼ライトもブレードスキャン式アダプティブハイビームシステム(AHS)に変更され、機能向上も図られた。新意匠のアルミホイールやカラー追加なども実施される。

インテリアは車載インフォテインメントシステムのマルチメディアシステムがタッチディスプレイ化されたほか、オーナメント加飾やインテリアカラーのパターンが変更されている。

安全運転支援機能も最新仕様にアップデート

安全運転支援機能の「Lexus Safety System+」のアップデートもトピックス。単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させることで、検知できる対応範囲を拡大したほか、レーントレーシングアシストの車線維持認識にAI技術を活用。

よりスムーズで途切れにくい操舵支援を実現している。RXやLSで採用済みのブレードスキャンアダプティブハイビームシステム(AHS)も新採用されるなど、この分野でもきめ細やかな機能向上が図られている

意図した通りにクルマが動くリニアリティを追求

新型ESの発表に合わせて、レクサスのチーフエンジニアを務める青木哲哉氏は、以下のコメントを述べている。

「目標としたのは、ESの持つ上質さを深化させるとともに新たな価値を付加することです。静粛性と乗り心地を一層向上させ、ステアリング操作に対してドライバーの意図した通りにクルマが動くリニアリティを追求しました」

「デザインにおいてもESの特徴であるエレガントさに磨きをかけるとともに、新たにモダンさを演出しました。開発にあたってはお客様の期待を超えるべく改善要素を洗い出し、細部に至るまで徹底的に造り込みました。『より良いクルマづくり』を目指してAlways Onの思想を貫いた開発陣の想いをESに乗ることでご体感いただきたいと思います」

【問い合わせ】

レクサス インフォメーションディスク

TEL 0800-500-5577

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します