サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1昇格の判断は時期尚早。ミック・シューマッハーは「仕事をしなければならない」と元F1ドライバー

ここから本文です
 元F1ドライバーで現在『Sky Sport F1』のプレゼンターを務めるジョニー・ハーバートは、ミック・シューマッハーについて、もし彼が7度のF1チャンピオンである父親のミハエル・シューマッハーに続いてF1に参戦するという夢を叶えるつもりなら、2020年にすぐにでも自分の実力を示してみせなければならないと述べている。

 20歳のミックは、2018年のFIAヨーロピアンF3選手権のタイトルを獲得し、フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)に加入。2019年はFIA-F2にフル参戦した。

おすすめのニュース

サイトトップへ