サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「加入当時はまるで“ルーキー”だった」教育係務めたプラマック代表、ミラーのファクトリー昇格に喜び

ここから本文です

 5月末、プラマックのジャック・ミラーが2021年シーズンからドゥカティファクトリーチームへ昇格する事が発表された。

 ミラーは2020年シーズンでドゥカティ3年目。2015年にMoto2を飛び級して最高峰クラスへ登ってきたため、25歳ながら既にMotoGPで5年のキャリアがある。

■ミラー、ドゥカティ昇格に興奮「”対マルケス”のライダーとして信じてもらえた」

 2016年には大雨のオランダGPで劇的な勝利を収めるなどの経験もあるミラーだが、プラマックのチーム代表であるフランチェスコ・グイドッティからすると、プラマック加入当初はそうした経験を感じさせなかったという。

おすすめのニュース

サイトトップへ