サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 内燃機でリッター約33kmを記録した幻のポロ。1980年代に生まれた「超経済的フォルクスワーゲン」とは?

ここから本文です

2気筒ディーゼル+スーパーチャージャー

フォルクワーゲン ゴルフの弟分、ポロの2代目にはかつて「超経済的車」を目指した実験車両が作られたことがある。「Oko-Polo(頭のOにウムラウト=エコ-ポロ)」と名付けられたプロトタイプは、世界中で自動車の低燃費化・低排出ガス化が急ピッチで進められていた1980年代に登場した。

アルピーヌとロータス 、EVスポーツカーの共同開発を含む提携覚書に合意

エコ-ポロの課せられた使命は、「燃料3リットルで100km走れる」こと。換算すると、1リットルあたり約33.3km走行できる燃費性能が目標だった。心臓部には、排気量858ccの2気筒ディーゼルにスーパーチャージャーを搭載したユニットを搭載。

おすすめのニュース

サイトトップへ