サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 若きトムスボーイズがフロントロウ独占。担当エンジニアから聞こえてきた『2人の共通点』【第3戦オートポリス予選】

ここから本文です
 雨の影響で、大荒れの展開となった2021全日本スーパーフォーミュラ選手権の第3戦オートポリス大会の公式予選は。ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)がポールポジションを獲得。チームメイトの宮田莉朋が2番手につけ、チームトムスの若いふたりがフロントロウを分け合う結果となった。

 この日、九州地方は例年より3週間も早い梅雨入りが発表され、オートポリスも朝から大雨に見舞われ、公式予選も当日朝の予定から45分ディレイした15時35分に開始された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン