サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ソニー」「ナカミチ」「マッキントッシュ」! 昭和のクルマ好きが憧れた「1DIN」カーオーディオの世界

ここから本文です

カーオーディオの歴史に残るモデル

 “カーステレオ”と呼ばれる以前の“カーラジオ”の時代は、当然ながらワンボディが当たり前だった。ちなみにカーラジオは、1930年にアメリカのモトローラが発売したのが最初で、その後1936年にGM傘下だったデルコ・エレクトロニクスも発売。日本では1951年にクラリオン、1955年にはデンソーテン(当時)が初代クラウン用のカーラジオを発売している。

「ロンサムカーボーイ」に「シティコネクション」! 昭和のクルマ好きが買い漁った「カーコンポ」5選

 ところでワンボディのカーオーディオを指す言葉で“1DIN”というのを耳にしたことがあるかと思うが、これはドイツの工業規格で、意外と新しく1984年に制定されたもの。

おすすめのニュース

サイトトップへ