サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ密着:予選では総合力で完敗も、決勝に向け先頭を確保。対照的だったフェルスタッペンとハミルトン

ここから本文です

 2021年F1第14戦イタリアGPのスプリント予選後、紙媒体のメディアが取材するためのミックスゾーンはちょっと混乱していた。通常、ここにはスプリント予選をトップ3でフィニッシュした3人のドライバー以外はすべて顔を出さなければならない。

 しかし、チームがZoomなどのインターネット会議システムで会見を開く場合は、必ずしもミックスゾーンに来なくてもいい。

レッドブル代表「スタートを決めて確実に優勝を。マクラーレンにも警戒」/F1第14戦スプリント予選

 だが、今回のスプリント予選ではルイス・ハミルトン(メルセデス)が4番手に終わったため、多くのイギリスメディアがミックスゾーンに集まっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ