サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1開幕戦ダブルリタイアのハース、ブレーキのオーバーヒートは”想定外”「不必要なリスクは負っていない」

ここから本文です

 ハースF1チームにとって、今季のF1開幕戦オーストリアGPは厳しいレースとなった。ケビン・マグヌッセンが24周、ロマン・グロージャンが49周を走ったところで、ブレーキトラブルによりリタイアを喫したのだ。

 ふたりのドライバーは、レース序盤からブレーキのオーバーヒートの問題を抱えていたが、チーム代表のギュンター・シュタイナーは、フリー走行3セッションと予選を終えた後の段階でさえ、問題の兆候はなかったと語った。

■第2戦で使うノーズは新型? 旧型? レッドブル「データを見て判断する」

「ブレーキの問題がなぜ起こったのか分からない。

おすすめのニュース

サイトトップへ