サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【クロカン列伝26 いすゞ ミュー編】2ドア2シーターのRV、満載の遊び心が若年層に大ウケ

ここから本文です

【クロカン列伝26 いすゞ ミュー編】2ドア2シーターのRV、満載の遊び心が若年層に大ウケ

1980~1990年代にかけて「クロカンブーム」を支えた4WDが各自動車メーカーから続々と発売された。この連載企画では、今でいうSUVとは、ひと味もふた味も異なる「泥臭さやワイルドさ」を前面に押し出したクロカン4WDを紹介する。第26弾はいすゞ「Mu(ミュー)」だ。

車名「Mu(ミュー)」の意味は、「Mysterious Utility」の頭文字だった
「MYSTERIOUS UTILITY(ミステリアス ユーティリティ)」の頭文字を取って「Mu(ミュー)」。ラダーフレームを持つワイドトレッド車、それでいて2シーター、3ナンバーのパートタイム4WD。しかも5速MTのガソリン車のみ。荷物もそれほど積めない、だけどなんか新しくて魅力的な車両、いすゞ「ミュー」が1989年にデビューした。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

ワイドトレッド(全幅1780mm)とショートホイールベース(全長4135mm)のモコっとしたボディに、「ハードカバー」と「ソフトトップ」をラインアップした。斬新な形状のボディは、極太のBピラーより後ろがオープンになり、さらにイメージカラーをパステルグリーンにするなど、遊び心に溢れたミューは、ありきたりでは物足りない若年層に大ウケした。

搭載エンジンは、「ビッグホーン イルムシャーG」と同じ、2559cc 直4ガソリンエンジンの4ZE1型(最高出力120ps/最大トルク20.0kgm)のみでスタートした。しかし、翌年にはメタルトップの4シーターモデルに2771cc 直4ディーゼルターボの4JB1-T型(最高出力110ps/最大トルク23.0kgm)を追加。さらに1991年には電子制御の4速AT車も加わり、さらなるユーザー層の拡大を図った。

1993年、ガソリンエンジンと2シーターハードカバー車を廃止し、ボディはメタルトップのみとなった。そしてエンジンは3059cc 直4ディーゼルターボの4JG2型(最高出力120ps/最大トルク27.5kgm)に変更。さらにブレーキは4輪ディスク化され、タイヤを15インチから16インチにサイズアップするなどの改良が施された。

なお、同年の1993年から3年間、いすゞはホンダに「ジャズ」と言う車名でミューのOEM供給を実施した。ミューとの相違点は、アルミホール、シート表皮、ドアトリムとエンブレム、ボディカラーなどだった。

4ドア5人乗りの「ミュー ウィザード」がデビュー
1995年、ビッグホーンロングのシャシを用いた4ドア5人乗りの「ミュー ウィザード」がデビューした。足まわりはミューとは別物で、ビッグホーンのサスペンションを応用した。フロントにダブルウィッシュボーン、リアに4リンクコイルリジッド式サスペンションを搭載。しかし、エンジンはミュー同様の4JG2型であったことから、ビッグホーンで定評のあった3.2L V6ガソリンエンジンを望む声も多かった。

そして1998年にフルモデルチェンジを迎えると「ミュー ウィザード」は、ビッグホーンよりもリーズナブルなSUV「ウィザード」として独立車種となった。その際に待望のV6ガソリンエンジン6VD1型(最高出力215ps/最大トルク30.0kgm)を搭載した。ディーゼルエンジンも一新し、2999cc 直4のコモンレール式ディーゼルターボ 4JX1型(最高出力145ps/最大トルク30.0kgm)をラインアップした。

ガソリンには4速ATが、ディーゼルには4速ATと5速MTも選択できるようになった。シャシもオリジナル版を新開発し、100kgもの軽量化を実現。合わせてリアサスペンションを5リンク式へ変更すると共に、前後輪のトルク配分を0:100から50:50に自動制御するTOD(トルク・オン・ディマンド)、走行中でもワンタッチで2WD/4WD(TOD)への切り替えが可能なシフトオンザフライシステムやリアLSDなど、最新機能を満載してデビューした。

一方、2ドアのミューは5人乗りの2代目となり、ディーゼル4JX1型、4速ATのみと車種を整理。Bピラーは残ったが、初代より大人びたシルエットにリニューアル。オープントップボディも継続された。TODこそ搭載されなかったが、シフトオンザフライシステム、LSDなどを標準装備し、クロカン四駆らしい機能は継承されていた。2000年になるとオープントップに、2001年にはレンジトップもウィザード同様の3.2L V6の6VD1型エンジンに換装された。

そして2002年、いすゞ自動車の乗用車部門の撤退に伴い、印象的なスタイルで強い存在感を示したミューとウィザードは、その使命を終えることとなった。なお、オセアニアや北アメリカなどでは、2005年まで活躍した。

[ アルバム : いすゞ ミュー はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します