サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 子どもの安全を守る「スクールゾーン」ってどういうもの? どうやって決められる?

ここから本文です

子どもの安全を守る「スクールゾーン」ってどういうもの? どうやって決められる?

 自治体や市町村が協議して独自に設定している

 どこの街でも見かけるスクールゾーン。あれはどういう基準で、誰が決めているのか? ちょっと気になるので調べてみた。

【捕まってからじゃ遅い】アレもコレも道交法違反!

 スクールゾーンとは、簡単にいうと「子どもの交通安全を図るために設定された交通安全対策の重点地域」のこと。小学校や幼稚園、保育園の登下校(園)時の児童の安全を守るのが目的なので、小学校を中心とした半径約500メートル程度の通学路が対象となっている。

 ご存じの通り、これらのスクールゾーンでは、登下校時間帯の通行禁止や一方通行や速度規制などの制限が課せられているが、これを定めているのはどこなのか。法的な根拠は、交通安全対策基本法第二十四条で、ここには次のように書かれている。 「指定行政機関の長は、交通安全基本計画に基づき、その所掌事務に関し、毎年度、交通安全業務計画を作成しなければならない」 要するに、その地域の自治体や市町村が交通安全業務計画を作り、それに則り、道路管理者や警察署と協議して、スクールゾーンの場所や規制の方法が決められるという制度になっている。

 細かい規制が設定されている場所が多いので道路交通法違反に注意

 スクールゾーンでは、「7:30~8:30」、「日曜・休日を除く」といった時間帯指定で、車両通行禁止の歩行者専用道路などになったりするが、これらの規制に反した場合は道路交通法違反に問われ、違反点数や反則金が課せられる。少々細かい制限が多いので、現場の道路標識や道路標示をよく確認しておくことが肝要だ。

 ちなみに、車両通行禁止規制になるスクールゾーン内は、規制区域内の居住者であっても、指定時間に通行する場合、通行許可証(市町村が窓口)が必要になるので要注意。また、スクールゾーン以外でも、登下校中の児童を見かけた場合、速度を控えめにして歩行者から距離を取って通過するのもドライバーのマナー。

 スクールゾーンがどこに設置されているのかは、市区町村の窓口などに問い合わせれば教えてくれるので、近所のスクールゾーンは一度調べておくといいだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します