サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、苦戦の原因はタイヤの高い内圧?「タイヤがまるで風船のようだった」

ここから本文です

 F1第5戦F1 70周年記念GPは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが逆転優勝を飾った。フロントロウを独占したメルセデスの2台は、タイヤマネジメントに苦しみ、ルイス・ハミルトンが2位、バルテリ・ボッタスは3位に終わった。

 メルセデスのふたりは、全チームの中でも最もタイヤに苦しんだといっていいだろう。彼らのタイヤには、ひどいブリスター(オーバーヒートによる火ぶくれ状態)が発生し、トレッドが一部剥がれてしまっていた。

■メルセデス、次戦もブリスターに悩まされる可能性「まだ原因を理解できていない」

 メルセデスが他のチームよりも苦しんだ理由について訊かれ、ハミルトンは次のように答えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ