サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2015モトクロスチャンプ小島庸平が、オリジナルラジエターを作ったワケ

ここから本文です

2015モトクロスチャンプ小島庸平が、オリジナルラジエターを作ったワケ

エンジンをパワーアップさせれば、ノーマルよりも熱が発生します。開けられるライダーが乗れば、さらに熱が発生します。だから、ラジエーター性能をアップさせれば、エンジンポテンシャルは最大限引き出せるというわけです。そこで、2015年全日本を制したモトクロスライダー小島庸平は考えました。

超絶スペシャリスト達が、考えまくったのだ
なんといっても、ミソは3社一体の開発布陣。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

・ラジエーター制作技術専門の「KOYORADO」
・オイルクーラーや熱交換器などを手掛ける熱管理技術のプロフェッショナルメーカー「ディグリー」
・そしてモトクロスチーム「Bells Racing」
による開発で生み出されたのが、今回のラジエター。

レーシングラジエーター KOYORAD × MIE RACING TYPE-44
CRF250R用 
対象年式:2018~2020モデル
価格:¥144,500(税抜)※先行予約受付中
納期:3月2日(月)以降
付属品:ラジエーターキャップ、フィンガード、クリップナット

CRF450R用
対象年式:2017~2020モデル
価格:¥160,000(税抜)※受注生産
製作期間:30~45日
付属品:ラジエーターキャップ、フィンガード、クリップナット

販売元:株式会社フォーティーフォー
TEL:059-395-6644

2019シーズン、実戦テストを経て、小島庸平が語る
●容量比1.7倍、冷却比1.57倍という値は、どのラジエーターと比べてのデータなのですか?

小島「2019年のCRF250Rに対しての性能比較、仕様比較です。それに伴ってラジエーター自体も大きくなっています」

●なぜラジエーターの大型化が必要なのですか?

「走行中にラジエーターが熱くなりすぎるとエンジンのパフォーマンスに影響します。特に雨天走行時は、水温が100℃を超え、オーバーヒートしやすくなってしまいます。そこでラジエーター自体を大きくして冷却効果を上げる事により、オーバーヒートのリスク軽減や、エンジンブローリスクの低下、出力アップ、レスポンス向上などのメリットが得られます。」

●大きくなったラジエーターの高さ、横幅、厚さが純正とどれくらい変わっているのか教えて下さい。純正外装の取り付けは可能なのですか?

「2019年モデルの純正ラジエーターと比べて、体積70%UP、高さ10%UP、幅5%UP、厚み50%UPになっています。ラジエーター自体は大きくなっていますが、純正外装はそのまま使用ができます。」

[ アルバム : ラジエーター はオリジナルサイトでご覧ください ]

●「冷やすだけではなく様々な面を考慮された」とありますね。

「転倒時の破損リスクに対して、強度UPの評価も行っており、純正に対し変形、破損しにくい製品に仕上がっています。ラジエーターガードなどのアフターパーツが需要を伸ばしていますが、ラジエーター本体のみでガード付きと同等以上の強度です。」

[ アルバムはオリジナルサイトでご覧ください ]

●シーズンを通して使ってみて、どうでしたか?

「暑い時期をターゲットに走行テストをしましたが、熱によるエンジンのタレはありませんでした。レースを想定した30分間の走行でもパワー感は落ちず、レスポンスも最後まで良かったです。また、車体に影響はなく、ハンドリングも変わりませんでした。チーム員の大城魁之輔も実際に全日本で装着しているのですが、1年間トラブルもなく、ノーマルエンジンで優勝しています。製品クオリティを実証出来ていると思います。」

プライベーターになってから、マシンの開発にも余念が無い小島庸平が手がけたラジエター。AMAなどでも、冷却効率の向上はモディファイの必須項目になっていますね。また、小島選手が言う「強度の強さ」は、モトクロスだけでなくエンデューロにも応用が利きそうです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します