サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 活動継続か、それとも撤退か……ダイムラーCEOがメルセデスF1の将来について言及

ここから本文です

 F1の首脳陣と各チームの代表たちはシーズンオフの間、2021年以降のコンコルド協定(F1の運営や商業権に関する協定)に関して議論を進めてきたが、その中でメルセデスのF1活動継続については様々な憶測が流れていた。

 一部ではメルセデスは既にF1撤退の準備を進めているとの報道もあり、チーム代表のトト・ウルフとメルセデスの親会社であるダイムラーCEOのオラ・カレニウスとの関係が良好でないこともその一因になっているのではないかと示唆されていた。

■ウルフ、ダイムラーCEOとの不仲説を一蹴「形にこだわらず、メルセデスに留まる」

 しかしながら、2020年のF1開幕戦オーストリアGPの期間中、カレニウスはウルフと敵対しているという噂を完全否定した。

おすすめのニュース

サイトトップへ