サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキ新型ヴェルシス1000SEの電サスはショーワ製イーラ=スカイフック理論採用

ここから本文です

カワサキ新型ヴェルシス1000SEの電サスはショーワ製イーラ=スカイフック理論採用

魔法のじゅうたん感覚!?

独自理論で乗り心地極上。魔法のじゅうたん感覚

キングZが電子制御サスペンションとブレンボ採用! カワサキ新型「Z H2 SE」登場

前後17インチの直4クロスオーバーという独自の地位を築くヴェルシス1000。’21モデルでは、スカイフックテクノロジーに基づく最新のショーワ製電子制御サスペンションを獲得した。’19年型から電子制御サスペンション仕様のSEを導入してきたが、新作はアルゴリズムを進化。”まるでバネ上を宙吊りしたように安定させる”という「スカイフック理論」を取り入れたことで、あらゆる路面の乗り心地と追従性が向上した。

―― 【’21 KAWASAKI VERSYS 1000 SE】■水冷4スト並列4気筒 1043cc 120ps/9000rpm 10.4kg-m/7500rpm ■257kg シート高820mm 21L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:緑×黒 灰×黒 ●国内価格:調査中 ※諸元は’20モデル

ドゥカティも’13年からオーリンズと共同開発したスカイフックの電子制御サスペンション仕様をムルティストラーダに設定するが、日本のショーワ製スカイフックは2輪初。より高度化した制御を実現し、万能ツアラーとしての実力をより高めている。

―― ショーワ2輪用の電子制御サスペンション=イーラの最新版は、路面からの衝撃を最小限に抑え、安定した走りをもたらす。特にタンデム時は効果抜群。

―― フロントフォーク左側およびリヤサスペンションにストロークセンサーを内蔵し、ストロークの量と速度を0.001秒毎に検知。フロント右側には、滑らかに減衰力を変化させるソレノイドバルブを備える。IMU(慣性サンサー)と緻密に連動し、スカイフック理論の新アルゴリズムに基づいた減衰力調整を行う。その特性はスポーツ/ロード/レイン/マニュアル(任意)の4種から選択可能だ。

―― 従来型から引き続きフルカラーTFT液晶メーターやブルートゥース接続機能を搭載。クルーズコントロールも標準だ。

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※本記事はニュースメディア配信用に一部抜粋・再編集されたものであり、全文詳細はオリジナルサイトに掲載されています。The post カワサキ新型ヴェルシス1000SEの電サスはショーワ製イーラ=スカイフック理論採用 first appeared on WEBヤングマシン|最新バイク情報.

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します