サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド「最善の戦略をとったが、タイヤがどうなるか予想がつかなかった」:マクラーレン F1第16戦決勝

ここから本文です

 2021年F1第16戦トルコGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのダニエル・リカルドは13位でレースを終えた。

■マクラーレンF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=13位
 レースのスタートから4周くらいの間はいいペースで走れたのに、その後は厳しかった。最初はフロントのグリップ不足で苦戦して、他のクルマについて行くのが本当に難しかった。それもあって、ピットに入ってタイヤを新品に交換したんだ。

ノリス7位「選手権争いでのダメージを最小限に抑えることができた」マクラーレン/F1第16戦決勝

 交換の直後はリヤのグリップがいまひとつで、また苦労させられたけど、しばらくするとそれは良くなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ