サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ スーパーカブC125/モンキー125【ブラック発売確定!】海外ではこんな色のカブも登場

ここから本文です

ホンダ スーパーカブC125/モンキー125【ブラック発売確定!】海外ではこんな色のカブも登場

赤いスーパーカブC125(欧州ほか)もイイ!

2019年にはグレーのスーパーカブC125、および青のモンキー125が新色として登場したが、2020年モデルは両車にブラックが登場する。ともにアジアや欧州でラインナップされていたカラーだ。そこで気になるのは、海外ではどんなカラーリングがあるの? ということ。

Scoop!【ハンターカブ細部情報】CT125の気になるディテールと、3タイプのカスタム車

モンキー125はブラックで出揃った感アリ

可愛らしい台形デザインにスーパーカブC125由来の横置きシリンダー単気筒を搭載するモンキー125は、2018年に新登場した際にワールドワイドでは赤、黄、黒の3色をラインナップしていたが、当初国内で登場したのは赤と黄のみ。2019年モデルでは鮮やかな青が追加されており、2020年の黒がキャッチされたことで、従来色に廃止等がなければ全4色のラインナップとなりそうだ。

―― 2020年モデルとして登場確実なモンキー125[パールシャイニングブラック×ロスホワイト]●予想価格:40万7000円/ABS=44万円 ●色:黒(従来色:赤、黄、青) ●予想発売時期:4月下旬 ※写真は海外仕様

―― 2018年に欧州で発表された際には、赤、黄、黒の3色がラインナップされていた。※写真は海外仕様

―― モンキー125[パールグリッターリングブルー]2019年6月発売

―― 国内のホンダビジネスミーティングに展示された車両は、原付二種に必須の白いステッカーが貼付されていたことから日本仕様と見られる。カラーリングは海外仕様と共通だ。

スーパーカブC125も2020年モデルでブラック追加、海外のレッドも魅力

モンキー125と同じく、タイなどでブラックがラインナップされていたスーパーカブC125も、2020年モデルとして改めてブラックを国内に導入する。2018年の発表当時は、1959年登場の初代スーパーカブC100をオマージュしたカラーリングだったが、国内では2019年に青みがかったグレーを追加していた。これにより、現時点では海外独自のカラーリングとして赤が残っていることになったわけだが、いつか日本で発売されることもあるのだろうか?

―― 2020年モデルとして登場確実なスーパーカブC125[パールシャイニングブラック]●予想価格:40万7000円 ●色:黒(従来色:青、灰) ●予想発売時期:2020年7月 ※写真は海外仕様/国内仕様はリヤキャリア装備の見込み

―― 国内のホンダビジネスミーティングで展示されたスーパーカブC125。こちらは海外仕様をそのまま展示していた模様だ。奥に見えるのはスーパーカブ110のようだが、色味がハッキリしないため現行車との違いは不明。

―― 今のところ海外でのみラインナップされている「パールネビュラレッド」は、どことなくレトロ感のある色味の赤が特徴的。※写真は海外仕様

―― こちらは別アングル。※写真は海外仕様

タイで見つけたカラフルなスーパーカブ

タイのAPホンダが2020年の年明けに発表したスーパーカブは、「FOREVER RETRO」のキャッチコピーとともに、鮮やかなピンクほか2色に加え、日本語で「ブラックエディション」と書かれた黒仕様をラインナップする。日本で走るには少々鮮やか過ぎるかもしれないが、こうしたさまざまなカラーリングを眺めているのもまた楽しいものだ。ツートンのシートおよび同色のパッセンジャーシート、標準装備と思われるフロントキャリアなども魅力的。

―― 上段はスーパーカブ110で、ビビッドなカラーリングが特徴。下段は同ブラックエディションだ。ともにタイ仕様で、キャッチコピーは「FOREVER RETRO」としている。

―― カタカナのロゴを用いたり、どこか日本の原風景をしのばせる写真構成などがイカス。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します