現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型三菱アウトランダーPHEVが本年12月16日より発売。車両価格は462万1100円~532万700円に設定

ここから本文です

新型三菱アウトランダーPHEVが本年12月16日より発売。車両価格は462万1100円~532万700円に設定

掲載 更新 カー・アンド・ドライバー 2
新型三菱アウトランダーPHEVが本年12月16日より発売。車両価格は462万1100円~532万700円に設定
写真を全て見る(16枚)

三菱自動車が新型アウトランダーPHEVの先行受注を開始し、合わせて本年12月16日に販売を開始すると発表。グレード展開はM(5名乗り)/G(5名乗り/7名乗り)/P(7名乗り)で構成

 三菱自動車は2021年10月28日、旗艦クロスオーバーSUVの新型アウトランダーPHEVの先行受注を開始し、合わせて本年12月16日に発売すると予告。車両価格やスペックなどの詳細も発表した。

新型三菱アウトランダーPHEVモデルが2021年度グッドデザイン賞を受賞

車種展開および車両価格は以下の通り。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

マツダ新型「“魂動顔”トラック」発表! 走破性能の強化の「本格モデル」! 6速MTもある「BT-50」アンダー430万円で豪に登場
マツダ新型「“魂動顔”トラック」発表! 走破性能の強化の「本格モデル」! 6速MTもある「BT-50」アンダー430万円で豪に登場
くるまのニュース
ラーソン、”2度の雷雨”に阻まれザ・ダブルの偉業達成できず。それでも「必ずまた来年、インディ500に戻ってきたい」
ラーソン、”2度の雷雨”に阻まれザ・ダブルの偉業達成できず。それでも「必ずまた来年、インディ500に戻ってきたい」
motorsport.com 日本版
インディ500最終ラップの“逆転男”ニューガーデン、2連覇達成に「また勝てると思っていた」
インディ500最終ラップの“逆転男”ニューガーデン、2連覇達成に「また勝てると思っていた」
AUTOSPORT web
マツダ、一部改良のスクラムトラック発売 仕様向上や原材料高騰で1~2割値上げ
マツダ、一部改良のスクラムトラック発売 仕様向上や原材料高騰で1~2割値上げ
日刊自動車新聞
外向きシャワーとエアコンが効くベッドスペース魅力の日産NV200バネットがベースのキャンパー
外向きシャワーとエアコンが効くベッドスペース魅力の日産NV200バネットがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
トヨタが新型「シエンタ」発表! 約199万円からの“小型ミニバン”なぜ人気? どんな人が買う? 発売直後の反響は
トヨタが新型「シエンタ」発表! 約199万円からの“小型ミニバン”なぜ人気? どんな人が買う? 発売直後の反響は
くるまのニュース
F1マシンより速い!? 1900馬力の“世界最速のハイパーカー” ピニンファリーナ新型「バッティスタ」日本初公開 気になる価格は3億円超え
F1マシンより速い!? 1900馬力の“世界最速のハイパーカー” ピニンファリーナ新型「バッティスタ」日本初公開 気になる価格は3億円超え
VAGUE
【MotoGP2024第6戦カタルーニャGP】ドゥカティのバニャイアが今季3勝目
【MotoGP2024第6戦カタルーニャGP】ドゥカティのバニャイアが今季3勝目
バイクのニュース
見せ場なく6位に終わったフェルスタッペン「赤旗で台無しに。4秒も遅く走らなければならないレースなんて」/F1モナコGP
見せ場なく6位に終わったフェルスタッペン「赤旗で台無しに。4秒も遅く走らなければならないレースなんて」/F1モナコGP
AUTOSPORT web
【花火が毎日】どっかーん!諏訪湖は7月26日から8月25日まで連日打ち上げ!期間中はずっと「たまや~」
【花火が毎日】どっかーん!諏訪湖は7月26日から8月25日まで連日打ち上げ!期間中はずっと「たまや~」
モーサイ
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #4 【シボレー アパッチ】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #4 【シボレー アパッチ】
グーネット
KTC × エヒメマシン  のコラボツールチェストに新色「キングフィッシャーブルー」が登場!
KTC × エヒメマシン のコラボツールチェストに新色「キングフィッシャーブルー」が登場!
バイクブロス
「ボルボ EX30」2024年1-4月の輸入EV車名別登録台数1位を獲得
「ボルボ EX30」2024年1-4月の輸入EV車名別登録台数1位を獲得
THE EV TIMES
福井~岐阜の最短ルート「冠山峠道路」開通から半年で反響多数!「歴史が変わった」「革命」恐怖の”酷道”しかなかった県境に「4834m」長大トンネルが完成
福井~岐阜の最短ルート「冠山峠道路」開通から半年で反響多数!「歴史が変わった」「革命」恐怖の”酷道”しかなかった県境に「4834m」長大トンネルが完成
くるまのニュース
2024スーパー耐久第2戦富士24時間に過去最高の5万4700人が来場。昨年より7700人増
2024スーパー耐久第2戦富士24時間に過去最高の5万4700人が来場。昨年より7700人増
AUTOSPORT web
橋脚どんどん! 阪神高速湾岸線「延伸部」どこまで進んだ? その先は“巨大橋”が架かる海へ
橋脚どんどん! 阪神高速湾岸線「延伸部」どこまで進んだ? その先は“巨大橋”が架かる海へ
乗りものニュース
【MotoGP】マルケス「表彰台を争っているとは知らなかった」エスパルガロとの白熱バトルの裏側
【MotoGP】マルケス「表彰台を争っているとは知らなかった」エスパルガロとの白熱バトルの裏側
motorsport.com 日本版
ホンダの「元祖3列ミニバン」に好評価! どこか懐かしい「カクカクデザイン」は女性ウケ抜群!? リアルな「オーナーの声」を聞いてみた
ホンダの「元祖3列ミニバン」に好評価! どこか懐かしい「カクカクデザイン」は女性ウケ抜群!? リアルな「オーナーの声」を聞いてみた
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
  • かなり良くなったらしいね
    大胆なデザインで賛否両論覚悟で出して来たところがイイ
  • 現行車(旧型に昨日でなりましたが)乗りですが、欲しかった装備がほぼ全て揃った。
    600万円を覚悟していたけど意外に安くて良かったです。
    全幅1800は使いやすかったがパジェロがないので一回りサイズアップは仕方ない。
    5人乗りしか要らないが、Pグレードと同仕様がOP着けてもそうなるのかよく見ておきたい。
    5人乗りはリアシートのリクライニング量を多く取って欲しい。
    バッテリーが20㎾hで80㎞程度は初代リーフに搭載の評判の悪かったメーカーを使うからだ。LEJを使えば良いのに。それなら20㎾hもあれば100㎞超えてきたかもしれない。現行車13.8㎾hで下道なら60㎞走ってくれる。マイナーでLEJに換装されるなら待ちたいけどなあ。
    でも、この性能に買い換え衝動がでちゃうだろう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

56.7656.8万円

中古車を検索
アウトランダーPHEVの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

56.7656.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村