サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』がいよいよ公開!! クルマ好きのリン監督&ジョン・シナに話を聞いた!

ここから本文です

シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』がいよいよ公開!! クルマ好きのリン監督&ジョン・シナに話を聞いた!

 『ワイルド・スピード』シリーズは多くのファンを持つカーアクション映画だが、2021年8月6日より最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が公開される。

 待望の最新作公開直前にこの映画の魅力をお伝えするとともに、ジャスティン・リン監督と出演するWWEスーパースターのジョン・シナのインタビューをお届けしよう!

昔は「白」だった!! パトカーの白黒パンダカラーはいつから始まった

文/渡辺麻紀、写真/ユニバーサルスタジオ

【画像ギャラリー】走るか死ぬか!! シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』いよいよ公開!!

■3作目から6作目までメガホンをとったジャスティン・リンが監督に復帰

睨み合うドミニク(ヴィン・ディーゼル)とジェイコブ(ジョン・シナ)のトレット兄弟。ジョン・シナは前作まで出演していたドウェイン・ジョンソン同様WWE所属のプロレスラーだ

 車好きとアクション映画ファンに支えられ、9作目を迎えた『ワイルド・スピード』シリーズ。『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(8月6日全国公開)と命名された本作は、さまざまな意味でサプライズの多い作品になっている。

 今回は、そんな映画を支えた監督ジャスティン・リンと、シリーズ初出演、主人公ドミニク(ヴィン・ディーゼル)の実弟ジェイコブを演じた、人気プロレスラーにして俳優でもあるジョン・シナの声を交えて、その魅力をご紹介したい。

 ジャスティン・リンは、3作目から6作目までのメガホンを取り、シリーズの人気を確固たるものにした『ワイスピ』には欠かせないキーパーソン。7作目、8作目をほかの監督に任せ、久々に古巣に帰って来たことになる。

 「いいアイデアが浮かんだから、すぐにヴィン(・ディーゼル)やスタジオに連絡したんだ。みんな、それをとても気に入ってくれたので、こうやって再びメガホンを取ることが出来た」。

 そう語るリンの「いいアイデア」が、今回のサプライズのひとつ、ドミニクには、若い頃にケンカ別れした実弟ジェイコブがいたという設定。これによって物語は過去と現在を行き来することになる。

 「そういうストーリーにしたのは、シリーズが誕生して丁度20年になるからだ。僕はその記念に、みんなに集まって欲しかったんだよ」

■Justice is Coming !! スナック菓子と共にあの男も復活!! そして彼の存在も……

ハン(サン・カン)の再登場は嬉しいサプライズだ。ハンといえば常にスナック菓子を食べているキャラクターだが、今回食べているスナック菓子が亀田の柿の種ではないかと一部で話題となった

 そのなかでサプライズとなるのは『6』で死んだことになっていたハン(サン・カン)の登場。実はワケあって東京に身を潜め、ワケあって今回、みんなの前に現れる。

 もうひとつ、大きなサプライズは、記念すべき1作目の車、トヨタスープラの再登場(今回は2020年型GR)。スープラと言えば、もうひとりの主人公、ドミニクの相棒だったブライアンがチューンナップして愛車にしていた車だ。

 「シリーズにとってスープラはやはり特別な意味がある。このフランチャイズのなかでブライアンともっとも強い繋がりがある車だから」(リン)

 ご存じのように、ブライアンを演じたポール・ウォーカーは交通事故で亡くなったため、シリーズのなかでは『6』の最後、家族との平和な暮らしを選び、チームから外れるという設定になっていた。

 もちろん、ブライアンはもう登場できないが、奥さんのミア(ドミニクの妹)ことジョーダナ・ブリュースターも今回、サプライズ出演し、ブライアンを連想させるキャラクターやエピソード、車が登場して、“20周年”のアニバーサリー感が伝わって来る。

 とりわけ、シリーズお馴染みのラスト、“ファミリー”が集まって会食するシーンは、みんなのブライアンに対する愛情がさりげなく表現されていて、彼のファンは目頭が熱くなるかもしれない。

■ジャスティン・リン監督とジョン・シナが語る「クルマの話」

前作の敵であるサイファー(シャーリーズ・セロン)と共闘してドムを狙うジェイコブ。家族同様の絆で結ばれた仲間たちと、敵に回った本当の家族。ドムの心情も見どころのひとつだ

 さて、そこで、この機会にリン監督に影響を受けたカーアクション映画を尋ねてみたのだが、「ない」ときっぱり。

 そして「とはいえ、僕の記憶のなかに『フレンチ・コネクション』(71)がないとはいえないだろうね(笑)。

 ただ、『ワイスピ』シリーズはカーレースをテーマにしているので、いわゆるカーアクションとはちょっと異なると言う考え方のもとで私は監督している。

 そうはいっても毎回、カーレースだけでは面白くない。そこにいろんなジャンルの要素を加えて、新しいアクションを作っている。そういうことも許されるシリーズだから」。

 ちなみに今回は、84年型ポンティアック・フィエロにジェットエンジンを搭載。それが宇宙旅行するというSFファンタジーなアイデアが投入されている。

 一方、ジョン・シナには好きなカーアクション映画を尋ねてみると、こちらは身を乗り出して答えてくれた。

 「やっぱり『ブリット』(68)を挙げなきゃいけないよ。あとはアストンマーチンが印象的な『007』シリーズ、『トランザム7000』(77)のトランザムもヤバかった。『ミニミニ大作戦』(69)のミニクーパーも好きだ。

 でも、一番は最初の『ワイルド・スピード』(01)でドミニクが運転していた古いダッジチャージャーだよ。初めてウィリー走行したときのことも憶えているし、いまだに作品で使われている。シリーズを象徴する車として、これは忘れられない」。

激しいカーチェイスを演じるドムのチャージャーSRTヘルキャットとジェイコブのマスタング

 車には一家言あるようなジョン・シナなので、自身のカーヒストリーを尋ねてみると「初めて自分の車を持ったのは15歳のとき。84年型のキャデラック・クープ・デヴィルが初めての愛車だった。ただ、乗り方が乱暴だったのか16歳のときにはもう廃車になっていたけどね(笑)」。

 では、今の愛車は?

 「1989年型のジープラングレーだよ。これは私が、WWEのプロレスラーを始めたときに初めて自分で買った車で、今でも所有しているんだ。もう現役は引退してフロリダの自宅に置いているんだが、どこに引っ越してもこの車だけは一緒だった。だから、“愛車”となるとこの車になる」

 そして、自分と車の関係性については、こう語ってくれた。

 「車を自分で運転するときは、その車とのコネクションを感じるのが好きなんだ。だから音楽をかけずに、車の音に耳を傾け、運転そのものを楽しむ。車が私に与えてくれる音や匂い振動、いろんなものを純粋に楽しみたいと思っているからだ。

 私の場合はちょっとノスタルジックな付き合い方になるんだろうね。新しい機能等で車は選ばないし(笑)」。

 なるほど、いまでもジープラングレーを大切に保存していからこその車との付き合い方。マッチョでいかついルックスからは想像できない繊細さと優しさが伝わって来る。ジョン・シナのもうひとつの顔を知ったような感じだ。

●解説●

 ドミニクたちが信頼をおくアメリカ諜報組織の長、ミスター・ノーバディが拉致され、彼が運んでいた、世界を掌握出来る装置も何者かに盗まれた。その奪還に奔走するドミニクたちの前に現れたのは、かつてケンカ別れした実弟ジェイコブだった。暗い因縁のある弟が事件に深く関与していたのだ。

 今回のカーアクションは最強&巨大マグネットを使った斬新なスタイルで、相変わらずのぶっ飛び方だ。

 また、本作に登場する車をあげておく。まず、ドミニクと言えばダッジチャージャーだが、本作でのそれは、ダッジチャージャーをミッドシップに改造したもので、6.2リッターのV8HEMIエンジンを搭載している。

 対する実弟ジェイコブの車は16年式のフォード・マスタングGT350を改良しV8スーパーチャージャーを搭載した640馬力を誇る高性能カーだ。

 また、パーティシーンのために集められた車は、英国の車コレクターたちが提供した名車&超高級車たち。

 TVRサガリス、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、ロータス・エヴォーラ、日本からはレクサスLFA、限定車のフェラーリ・ラ・フェラーリ、そして3億円とも言われる限定10台のアポロIEも! このシーンに集められた車の総額は何と7億3000万円というから凄まじい。

 カーアクションを堪能しつつ、数々の高級車を愛でることが出来るのも、本シリーズだからこそのお楽しみだ。

*   *   *

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
8月6日(金)全国超拡大公開!!
配給:東宝東和
(C) 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

【画像ギャラリー】走るか死ぬか!! シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』いよいよ公開!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します