サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鬼監督シュタイナー「険しい道で学ぶ方が、甘やかすより良い」と新人2名の2021年の経験重要視

ここから本文です
 2021年、ハースF1はミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンというふたりのルーキードライバーを起用した。結局このシーズンは、チームとして参戦を開始して以来の最も苦しいシーズンとなったが、代表のギュンター・シュタイナーは彼らに険しい道の中で学んで欲しかったと語っている。

 ハースは2021年シーズンに向けた開発を行なわないことを選んだ。これは2022年に控える大幅なレギュレーション変更にリソースを振り分けることを決定したためだ。それもあって2021年はシーズンを通じて苦しい戦いが続き、ノーポイントで終えることにも繋がった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン