サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツが安全運転支援システムの機能追加など「Vクラス」を改良

ここから本文です

メルセデス・ベンツが安全運転支援システムの機能追加など「Vクラス」を改良

メルセデス・ベンツが安全運転支援システムの機能追加など「Vクラス」を改良

メルセデス・ベンツは、「V クラス」の装備を一部改良し、7月29日より予約注文の受付を開始した。なお、納車は「V 220 d Marco Polo HORIZON」については 2022年第1 四半期、それ以外のモデルは、2021年8月を予定している。

1998年に欧州のミニバンとして初めて日本に導入された「Vクラス」は、ワイドでスクエアなスタイリングと広く上質な室内空間にアレンジ自在なシートを備え、プレミアムミニバンというセグメントを創出した。

ソロキャンプも車中泊にも十分使える!小回りがきいて積載力抜群なスズキ「ハスラー」をアウトドアでフル活用してみた

その後も、2003年、2015年のフルモデルチェンジを経て、7名乗車のシートレイアウトや左右両側の電動スライドドア、リアエンターテインメントシステムなど、日本の顧客のニーズにあわせて装備や専用アクセサリーの拡充を図り、累計販売台数約3万台を達成したロングセラーモデル。

2019年10月に発表した現行Vクラスは、全ての乗員が快適に過ごすことができ、3点式シートベルト一体型のシートや多彩なシートアレンジが可能なシートレイアウト、FR(フロントエンジン・後輪駆動)レイアウトなど、これまでのVクラスのコンセプトを継承しながらも、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」と対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備する等、最新の「メルセデス・ベンツのミニバン」の名に相応しい快適性と安全性を備えている。

安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」に機能追加

全車標準装備の「レーダーセーフティパッケージ」に、並列駐車スペースからバックで出る際に、後ろを横切るクルマを検知してドライバーに注意を促すとともに、必要に応じて自動でブレーキを作動させる「リアクロストラフィックアラート」を追加。
※作動速度範囲:約0~10km/h

また、スマートフォンをケーブルで接続することで、車両側のメディアディスプレイでスマートフォンアプリが使用可能となる「スマートフォン連携機能」も、標準装備に追加された。

エクスクルーシブシートの質感と利便性が向上

さらに、エクスクルーシブシートパッケージ(*2)に採用されているエクスクルーシブシート(2列目)では、シート素材がナッパレザーへ変更となったほか、カップホルダー、USB ポート、スマートフォン用トレイ、小物入れが追加され、質感と利便性がいっそう高まった。
(*2)V 220 d アバンギャルド ロング、V 220 d アバンギャルド エクストラロングにオプション装備

メーカー希望小売価格(消費税込み)は以下の通り。

*3:上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格。また、「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となる。メーカー希望小売価格は参考価格。

関連情報:
https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore.html

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します