現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 充電バカっ早! eMPが発表した超急速充電器の「ユーザーフレンドリー」っぷりがスゴイ

ここから本文です
充電バカっ早! eMPが発表した超急速充電器の「ユーザーフレンドリー」っぷりがスゴイ
写真を全て見る(9枚)

日本の充電事情が大きく変わるかもしれない

イーモビリティパワーが最大電圧1000Vを実現する、世界最速の400kW級チャデモ超急速充電器を発表。充電ケーブルをさらに軽量化、プラグアンドチャージ機能の採用を視野に入れながら、時間課金と従量課金の併用措置、充電放置車両に対するペナルティ措置、ダイナミックプライシングの導入までも視野に入れてきました。

数字だけ高スペックでも実際の充電は遅い! EVの進化についていけない急速充電器の現状

今回取り上げていきたいのが、日本最大の充電サービスプロバイダーであるイーモビリティパワー、eMPの存在です。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
THE EV TIMES
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
THE EV TIMES
2024年版 最新の格安EV 10選 英国で「コスパ」の高い電気自動車は?
2024年版 最新の格安EV 10選 英国で「コスパ」の高い電気自動車は?
AUTOCAR JAPAN
プラグイン充電可能なSUV!ホンダ、新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」を発売へ、自治体・企業・一般ユーザーにリース形式で
プラグイン充電可能なSUV!ホンダ、新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」を発売へ、自治体・企業・一般ユーザーにリース形式で
LE VOLANT CARSMEET WEB
高まるバッテリーマネジメントへの要求に、EV向け2000Vの高電圧多層セラミックコンデンサをサムスンが開発
高まるバッテリーマネジメントへの要求に、EV向け2000Vの高電圧多層セラミックコンデンサをサムスンが開発
レスポンス
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
Webモーターマガジン
外部充電もできるFCEVなんていままで見たことない! 新型となり燃料電池車となって帰ってきたホンダCR-V e:FCEV
外部充電もできるFCEVなんていままで見たことない! 新型となり燃料電池車となって帰ってきたホンダCR-V e:FCEV
WEB CARTOP
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
AUTOCAR JAPAN
オフピーク時間を活用し充電コスト削減、フォードが商用EV向け「スマート充電バンドル」導入
オフピーク時間を活用し充電コスト削減、フォードが商用EV向け「スマート充電バンドル」導入
レスポンス
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」発売 燃料電池車初、外部充電できるプラグイン機能搭載
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」発売 燃料電池車初、外部充電できるプラグイン機能搭載
グーネット
「えっ……」EVシフトは今後どうなる!? 世界4位の自動車グループ「ステランティス」が ハイブリッド戦略を発表
「えっ……」EVシフトは今後どうなる!? 世界4位の自動車グループ「ステランティス」が ハイブリッド戦略を発表
VAGUE
このご時世に600kg切りのアルトが登場!? スイスポはパワフルハイブリッド化の軽量ホットハッチ化? 期待しかないスズキの10年先を見据えた技術発表の中身
このご時世に600kg切りのアルトが登場!? スイスポはパワフルハイブリッド化の軽量ホットハッチ化? 期待しかないスズキの10年先を見据えた技術発表の中身
WEB CARTOP
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
AUTOCAR JAPAN
日産、バッテリー交換式の超小型EVを英国で販売へ、サイレンスとの提携を発表
日産、バッテリー交換式の超小型EVを英国で販売へ、サイレンスとの提携を発表
レスポンス
3分でEVバッテリーを交換、NIOが欧州で50番目の交換ステーション開設
3分でEVバッテリーを交換、NIOが欧州で50番目の交換ステーション開設
レスポンス
スズキの「新型パワートレイン」初公開! 次期型「アルト」に「ジムニーEV」も登場か!? 期待高まる「10年先を見据えた技術戦略」発表
スズキの「新型パワートレイン」初公開! 次期型「アルト」に「ジムニーEV」も登場か!? 期待高まる「10年先を見据えた技術戦略」発表
くるまのニュース
メリットはあれどそう簡単には進まない! トラックやバスのEV化に立ちはだかるいくつもの壁
メリットはあれどそう簡単には進まない! トラックやバスのEV化に立ちはだかるいくつもの壁
WEB CARTOP
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

6件
  • *
    もう欧州では何年も前にCCS2で実用化され、ポルシェやヒュンダイが対応車種を販売してる技術。

    日本のCHAdeMOは数年遅れになるのが確実な上に、なんとバージョン3と言いながらその実態は中国との統一規格のChaoJiで、コネクタ形状も制御プロトコルも変更していて充電器側が下位互換を持たない。

    つまり、今あるCHAdeMO車両ではアダプタなどでも充電すらできないとのこと。

    一応、しばらくはCHAdeMOとChaoJiの両対応充電器を販売してくれ、ってことらしいが、そこは規格でカバーせずに充電器メーカーのご好意に丸投げ。

    CHAdeMO協議会は、やる気のない日本の掃き溜めみたいな団体だよな。
  • rpc********
    やっとまともな性能の充電器が出てきた(来年?)と言う感じですね。

    まあ日本だとまともなEVが無かったから、高性能な充電器を作っても売れないし、
    充電器メーカーとしては今になったのはやむを得なかったかも。
    (各種規制もあったし)
    チャデモ規格でも6年前から400kWが可能だったんですがね。

    あとは800VシステムのEVを待つ訳だけど、輸入車は直ぐに対応出来そうだけど
    国内メーカーはどうなんでしょう。
    普通車クラスのEVがろくに売れてないからしょうがないか。

    充電器とEVって、ほんと鶏と卵の関係だよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村