サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 欧州ではサーキットでも必要なしとの声も……憧れのドラテク「ヒール&トゥ」が公道ではいらない理由とは

ここから本文です

上手くできないならヒール&トゥは無用の長物でしかない!

 MT車でスポーツ走行をするのなら、マスターしておきたいテクニックと言われる「ヒール&トゥ」。コーナーの立ち上がりに備え、進入時にブレーキを踏んでいる最中にシフトダウンを行い、なおかつ荷重変動やシフトショックをなくすためのレーシングテクニックだ。このヒール&トゥを多くの人が習得したいと思っていて、試みている人も結構いるようだが上手にできる人は非常に少ない。

パドルを使わないほうが速い!? サーキットのAT車は「Dレンジ固定」が意外とアリだった

ヒール&トゥを意識しすぎて減速できないならやらない方がマシ

 ヒール&トゥの要は第一にブレーキ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン