サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリのルクレール、今季のF1マシンは「コーナー進入が難しい」と解説

ここから本文です

 フェラーリのドライバーであるシャルル・ルクレールは、今季から導入された新しいレギュレーションにより、コーナーへの進入が難しくなったように感じていると語る。

 今季のF1には、タイヤへの負荷を減少させることを目的に、ダウンフォースを削減するためのレギュレーションが導入された。これによりフロアの面積が削減され、リヤのブレーキダクトやディフューザーの制限も強化された。

【F1分析】変わりつつあるF1のスポンサー事情。広告塔の域を超えたより深いパートナーシップへ

 2021年用マシンは、基本的には昨年型のマシンをそのまま使うことになっているが、前述のレギュレーションにより、ダウンフォース量を10%少なくすることが目指されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン