現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 番狂わせがお好きでしょ? メーカーが多数参戦の一方でプライベーター減少もWECドライバーからは「性能調整があれば勝てる」の声

ここから本文です

番狂わせがお好きでしょ? メーカーが多数参戦の一方でプライベーター減少もWECドライバーからは「性能調整があれば勝てる」の声

掲載 1
番狂わせがお好きでしょ? メーカーが多数参戦の一方でプライベーター減少もWECドライバーからは「性能調整があれば勝てる」の声

 デイトナ24時間レース勝者であるライアン・ブリスコーは、ヴァンウォール(バイコレス)のような小規模コンストラクターでも自動車メーカーの強豪チームに対抗して、世界耐久選手権(WEC)で大きな成功を収めることができるとの考えを語った。

 WECの最高峰クラスであるハイパーカークラスは盛況を迎えている。2023年シーズンにはトヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェ、キャデラックと5つの自動車メーカーが参戦し、来年にはさらにBMW、アルピーヌ、ランボルギーニと3つのメーカーが加わる予定となっている。

■WEC参戦前に仲違い? イソッタ・フラスキーニ、ベクターからデュケインに鞍替えしてハイパーカークラスへ

 一方でグリッケンハウスやヴァンウォールといったインディペンデントチームは、潤沢な資金力を持つライバルたちとの競争が激化する中で戦闘力を維持するのに苦戦。全7戦の2023年でインディペンデントチームがトップ5以内でフィニッシュを果たした回数はゼロだった。

 しかし2021年から2023年にかけてグリッケンハウスから6戦に出走し、2023年シーズンの最終戦バーレーンではヴァンウォールのドライバーも務めたブリスコーは、グリッド上位のメーカーと下位のプライベーターの差を縮めることができると考えている。

 元インディカードライバーでもあるブリスコーはその理由として、全てのハイパーカーの性能が同等に調整されるバランス・オブ・パフォーマンス(BoP)を挙げた。

「プライベーターにとってWECは厳しいところだが、同時に、性能が制限されるクラスを戦っている訳だからチャンスは常にある」

 ブリスコーはmotorsport.comに対してそう語った。

「BoPがあって、ダウンフォースと出力に制限がかけられる。世界中にお金が溢れていたとしても、2倍のダウンフォースを持つマシンを開発することはできない。それは許されないからね」

「(性能の)枠のどこに位置づけることができるか、どんなコンディションでも常にそこにいられるかを最適化することはできるかもしれない」

「予算が少ないプライベーターチームでも、常に上位へ食い込む可能性はある」

「もし信頼性のあるマシンを作ることができれば……誰が弱小チームの勝利を見たくないと思うのか?」

 大手メーカーのハイパーカークラス参戦によって、エントリー数に限りがあるWEC最高峰クラスからインディペンデントチームが弾き出される可能性もゼロではない。

 グリッケンハウスは007 LMHのアップデートに必要なスポンサーを得られなかったことでWECを去ることを選択。ヴァンウォールは2024年のWEC参戦を目指したものの、競技規則の「いくつかがOKではなかった」ことからエントリーを却下された。

 その一方で、来季から新たにイソッタ・フラスキーニが独自開発のティーポ6コンペティツィオーネLMHで参戦予定。ティーポ6のテストを行なったガブリエル・オーブリーは、ハイパーカークラスがメーカーの独壇場になるとは考えていない。

 WECがプライベーターやインディペンデントチームのためにエントリー枠を残しておくべきか? motorsport.comがオーブリーに尋ねると、彼は次のように答えた。

「自然とプライベーターがいくつかの枠を確保すると思う。メーカーが全てを手に入れることはできないからね」

「もしかしたら2~3年はそうなるかもしれないけど、それが絶対に続くとは思わない」

「この選手権は、60年代からプライベーターと共に生き延びてきた」

「僕らはこの選手権の一部だし、これからもそうであり続けるだろう」

 そしてオーブリーは、カスタマーマシンで参戦するチームも含め、WECにおけるインディペンデントチームの重要性を強調した。

「プライベーターもル・マンの歴史の一部だ」と彼は言う。

「ポルシェのプライベーターがどれだけル・マンを制してきたことか」

「それはル・マンの一部であり、ル・マンを特別なモノにしている。ダビデ対ゴリアテの戦いだ。ル・マンの歴史が残り、独特の歴史が維持されれば、とても嬉しい」

こんな記事も読まれています

井戸田潤が初代NSXに出会った!和製スーパーカーに一同ホレボレ!
井戸田潤が初代NSXに出会った!和製スーパーカーに一同ホレボレ!
グーネット
続報 マジで歴史的英断か!? 東海道新幹線に個室座席新設で1323席のルールが破られるのか?
続報 マジで歴史的英断か!? 東海道新幹線に個室座席新設で1323席のルールが破られるのか?
ベストカーWeb
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
ベストカーWeb
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
Auto Messe Web
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
AUTOSPORT web
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
AUTOCAR JAPAN
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
Auto Messe Web
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
AUTOSPORT web
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
AUTOSPORT web
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
くるまのニュース
アルファ・ロメオ 車名に "ケチ" つけた政治家へ苦言「名前より雇用守る努力をせよ」 中国企業に危機感
アルファ・ロメオ 車名に "ケチ" つけた政治家へ苦言「名前より雇用守る努力をせよ」 中国企業に危機感
AUTOCAR JAPAN
「彼は僕を見てさえいなかった」リカルド、接触時のストロールのオンボード映像を見て激怒/F1第5戦
「彼は僕を見てさえいなかった」リカルド、接触時のストロールのオンボード映像を見て激怒/F1第5戦
AUTOSPORT web
ハースのヒュルケンベルグが10位「最大限の結果を出した。重要な1点」小松代表は「完璧なレース」と喜ぶ/F1中国GP
ハースのヒュルケンベルグが10位「最大限の結果を出した。重要な1点」小松代表は「完璧なレース」と喜ぶ/F1中国GP
AUTOSPORT web
アロンソ「セーフティカーで戦略変更も、良いレースに。1周でいいからトップを走りたかったけどね」/F1中国GP
アロンソ「セーフティカーで戦略変更も、良いレースに。1周でいいからトップを走りたかったけどね」/F1中国GP
AUTOSPORT web
乗って納得の「ロープライス実力派」 ホンダWR-Vは背伸びしない、等身大のパートナー
乗って納得の「ロープライス実力派」 ホンダWR-Vは背伸びしない、等身大のパートナー
AUTOCAR JAPAN
ハミルトン「極端なセットアップ変更が、かつてないレベルのアンダーステアを引き起こした」メルセデス/F1中国GP
ハミルトン「極端なセットアップ変更が、かつてないレベルのアンダーステアを引き起こした」メルセデス/F1中国GP
AUTOSPORT web
経験を信じたWRTとリスクを避けたマンタイ。雨中のタイヤ選択がLMGT3上位の明暗分ける/WECイモラ
経験を信じたWRTとリスクを避けたマンタイ。雨中のタイヤ選択がLMGT3上位の明暗分ける/WECイモラ
AUTOSPORT web
レクサスが新たな「小さな高級車」展示! 全長4.2m級でも上質さ健在!? 「LBX」の実車見たユーザーの反響は? in 菅生
レクサスが新たな「小さな高級車」展示! 全長4.2m級でも上質さ健在!? 「LBX」の実車見たユーザーの反響は? in 菅生
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村