サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1代表、モナコ&アゼルバイジャン連続惨敗に苛立ち「我々全員、自分たちの期待に応えられていない」

ここから本文です

 メルセデスF1は、モナコとアゼルバイジャンで大惨敗。ライバルであるレッドブル・ホンダにランキング首位の座を明け渡しただけでなく、そのリードを拡大することを許してしまった。

 同チームのトト・ウルフ代表は、タイトル争いに踏みとどまるためにも、次のフランスGPからは優勝を争えるだけのパフォーマンスを取り戻さなければならないと考えている。

■ルイス・ハミルトンのまさかのコースオフを引き起こした“魔法のボタン”とは一体何なのか?

 アゼルバイジャンGPでは、バルテリ・ボッタスは全くペースを上げることができず、入賞にすら届かないというまさかの状態だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ