サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MT車を選ぶ人は少数派? でもトヨタやマツダには多し! 各社がMT車を設定する理由

ここから本文です

■MT派は少ない? それでもMT車の未来は暗くない?

 近年では、日本の新車市場ではAT車の販売比率は98%以上といわれ、2ペダルで運転できるAT車が占めているといいます。

6速MT搭載! ホンダ新型「シティハッチバックRS」発表

 一方で、新型車にMT車を設定する例も少なからず存在しています。では、昨今の事情のなかでどのようなモデルにMT車が設定されているのでしょうか。

 最近のAT車は、昔からの「トルクコンバーター式」、国産車に多く搭載される「CVT」、輸入車などに使われる「DCT」と仕組みが異なるものの、ドライバーがクラッチやシフトの操作をしないことは共通しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン