サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > F1史上、稀に見る名レース!ウエットでごぼう抜きを見せたセナ…1993年の記憶【連載第10回:熱田護のF1勝手に片思い】

ここから本文です

1993年、第4戦ヨーロッパGP。イギリスのドニントンパークで行われました。

ウイリアムズの圧倒的なスピードは前年から維持したまま、エースのアラン・プロスト選手が4度目のチャンピオン獲得。

ウエットでごぼう抜きを見せたセナ…1993年のF1を写真で見る

しかしこのドニントンパークのようなウエット路面となると、アイルトン・セナ選手の大活躍が見られたのです!

マシンの優劣が大きくものを言うモータースポーツで、ドライバーの腕で勝利を手にする場面に出会えるとワクワクが止まりません!

セナ選手は予選4番手からのスタート。予選タイムはポールポジションのプロスト選手から、なんと1.649秒差。

おすすめのニュース

サイトトップへ