サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】BoPに苦しんできた31号車プリウスが今季初PP。ハイブリッド面の改善で光明が見えた?

ここから本文です

 オートポリスで行なわれたスーパーGT第6戦でGT300クラスのポールポジションを獲得したのは、31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTだった。今季未だ入賞ゼロと苦戦している31号車だが、このオートポリスの予選ではQ1で中山友貴が、Q2で嵯峨宏紀が目の覚めるようなアタックを見せた。

 31号車の苦戦に関しては、BoP(バランス・オブ・パフォーマンス=性能調整)の値が変更された事が一因にあると考えられている。

■【スーパーGT】自ら手がけた244号車が優勝も、自チームは苦戦……“身の置き所がない思い”の土屋武士「性能調整は機能していない」

 中山は以前motorsport.comに対し「BoPが今年から変わったことが一番の問題です。

おすすめのニュース

サイトトップへ