サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【いつのまに変わったの?】韓国のヒュンダイが、「ヒョンデ」へ呼称を変更! FCVの導入は秒読み段階!?【グローバルで統一します】

ここから本文です

【いつのまに変わったの?】韓国のヒュンダイが、「ヒョンデ」へ呼称を変更! FCVの導入は秒読み段階!?【グローバルで統一します】

これが世界最先端のFCV
2020年9月16~22日に東京・代官山のTサイト蔦屋書店で開催される「NEXO Terrarium(ネッソ テラリウム)」。このイベントに、韓国のヒョンデがグローバルで販売しているFCV(燃料電池車)「NEXO(ネッソ)」が展示されているというので、早速見てきた。

ヒョンデは、FCVに関しては世界トップの技術を持っているメーカーだ。トヨタ ミライやホンダ クラリティなど、日本のメーカーもリリースしているのだが、ヒョンデは1枚上手。今回展示されたネッソは2018年から販売されているが、じつはもうこれが2代目のFCV。2019年は世界で4500台を販売した、北米や欧州市場ではメジャーな存在なのである。

【全国の中古車在庫をお取り寄せ】ホンダカーズで「お取り寄せ車両」の販売を開始。最寄り店で全国のホンダカーズの中古車在庫の購入・納車が可能に

そのネッソだが、今回はなんと試乗も特別にさせてもらえたので、そのリポートは後日のお楽しみ! 日本市場への導入はいまだ未定なのだが、日本語のカタログがもう完成していたり、右ハンドルで右ウインカーの試作車を作っているところを見ると、もう秒読み段階なのでは? と考えてしまう、何とも楽しみなクルマだった。

全世界統一の読み方だそうです
と、FCVの簡単な紹介はここまでで、先ほどから出てくるヒョンデって何なの? と思っている方も多いだろう。答えは、日本ではローマ字読みだった「ヒュンダイ」のこと。じつはヒュンダイの現地読みはヒョンデで、英語圏でもヒョンデと呼ばれることがほとんどらしい。これからはグローバルで統一した呼称に変えていく方針のようだ。

実際に2020年6月に開設された、ヒョンデ ジャパンのオフィシャル ツイッターアカウント(@Hyundai_japan)にもはっきりと「ヒョンデ」とカタカナで表記してある。HYUNDAIのメーカー名は、これからはヒュンダイではなく、ヒョンデと読みましょう。

ちなみに、NEXOと書かれた今回のFCVの名前。こちらもネクソではなく、「ネッソ」と読む。この読み方もおもしろい。クルマとしての完成度は、かなり高いので興味のある人は、4連休のこの週末、代官山のTサイトまで足を運んでみてはいかがだろう。

現地では、大人気のK-POPアーティスト「BTS」とのコラボレーションも開催。数量限定だが、オリジナルアイテムもゲットできるらしく、取材当日も朝のオープンからファンの女性が大勢かけつけていた。その来場したファンの方々からも「カッコいい」と好評を得ている、ヒョンデ ネッソ。日本導入が待ち遠しいFCVだ。

<文と写真=ドライバーWeb編集部>

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します