サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1分析】リカルドはF1イタリアGPに勝つべくして勝った? データから見える”絶妙な戦略”の兆しと速さ

ここから本文です
 F1イタリアGPは、マクラーレンのダニエル・リカルドが優勝、ランド・ノリスが2位に入り、マクラーレンが1-2フィニッシュを達成した。この結果は、大番狂わせなのだろうか? レース中の数値を分析して見ると、リカルドには勝つべくして勝つだけの速さがあり、そしてチームの絶妙な判断が行われた可能性が見え隠れする。

 メルセデスとレッドブルが圧倒的な強さを見せる今シーズンの中で、このマクラーレンの1-2は、大いなる番狂わせのように見える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ