サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初PPをドライタイヤで掴んだ大津。2セット目の新品ウエットで3番手に滑り込んだ野尻の分岐点【第6戦もてぎ予選】

ここから本文です
 ツインリンクもてぎで開催されている2021年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権。第6戦の公式予選は、天候に翻弄される大波乱の展開となり、有力候補とされるドライバーたちが続々とノックアウトされるなか、初のポールポジションを勝ち取ったのが大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)だ。

 公式予選Q2 A組では、ウエットタイヤに履き替えるドライバーがいるなか、大津はスリックタイヤでタイム更新を目指し、最後のチェッカーラップで平川亮(carenex TEAM IMPUL)を0.6秒上回り、4番手でQ2突破を果たした。

おすすめのニュース

サイトトップへ