サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車35万2000円の最強コスパ系150ccバイク! スズキの燃費王『ジクサー(150)』の2021年モデルが攻めのカラーに!? 価格と発売日は?【SUZUKI GIXXER】

ここから本文です

新車35万2000円の最強コスパ系150ccバイク! スズキの燃費王『ジクサー(150)』の2021年モデルが攻めのカラーに!? 価格と発売日は?【SUZUKI GIXXER】

恐るべき燃費性能と、150ccとは思えない大きさのボディ。そして軽快なハンドリングまで備えた最強コスパの『ジクサー(150)』がカラーチェンジです!

2021年カラーの『ジクサー(150)』は派手めな路線?
SUZUKI GIXXER(2021)

ホンダの新型車「GB350」を徹底チェック!

150ccで高速道路も乗れるのに、燃費性能で勝負すれば他を寄せ付けない圧倒的な実力を誇るスズキ『ジクサー(150)』が2021年モデルとしてカラーチェンジ!

今回はちょっと派手めな印象というか……

待望のトリトンブルーメタリックが登場しました!

2020年のMotoGPチャンピオン獲得もそうですけど、やっぱりスズキのスポーツバイクって言ったら、今やこのカラーが代表みたいなものです。

それがついに150ccの『ジクサー』にも採用されたのは嬉しい限り。

トリトンブルーメタリックはスポーティなだけじゃなく存在感も強いから、パッと見でこのバイクが150ccだと見抜ける人はほとんどいないでしょうね。

もう完全に150ccのバイクには見えない……
そして2021年カラーでインパクト最強はこちらのパールミラレッドです。

問答無用に赤い。完全に目立つ。

存在感というかもはや貫禄みたいなものが感じられるほどに強めの印象になっています。

ここ最近のスズキのバイクラインアップの中でも、ここまで直球で赤いバイクは無かったはず。

たぶんこのレッドは、実車を見たら相当150ccには見えない感が強いと思われます。

バイクは目立ったもの勝ち、みたいなところもあるので私(北岡)としては個人的にけっこうおすすめ!

2021カラーの『ジクサー(150)』でいちばん大人っぽい
上記のトリトンブルーメタリックやパールミラレッドを見た後だと、なぜか最も大人っぽく落ち着いたカラーに見えるのが、このグラススパークルブラックです。

黒×赤って本来、迫力のあるカラーのはずなんですが……

強烈インパクトの2021年カラーラインアップにおいては、これが『最も落ち着いた色』に見えるから不思議なものです(笑)

これら2021年カラーの『ジクサー(150)』は2021年3月24日に発売。

価格は変わらず35万2000円となります。

このバイクは本当に『排気量を超えた価値』を持つバイクです。

私は過去にやった燃費チャレンジ記事で、それを思い知らされています……

スズキ『ジクサー(150)』の燃費チャレンジはこちら!



よろしければ150ccのバイクにコテンパンにのされた私の様子を笑ってやってください。後半に向け、どんどんテンションがおかしくなってます。

ホント最後の5~6時間はヤバかった(笑)

『ジクサー(150)』の魅力は燃費だけじゃないんですけどね。あまりにも燃費性能が突出しすぎなんですよ。

そして、この燃費性能と2021年モデルの派手めカラーの組み合わせ、けっこうイケると思いますよ!

[ アルバム : 【写真6枚】ジクサー(150) はオリジナルサイトでご覧ください ]

スズキファンのためのWEBサイト!
【こちらも人気】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します