サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バルテリ・ボッタス、F1フランスGP初日好調の理由はハミルトンとシャシーを交換したから?

ここから本文です

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1フランスGP初日のFP1を首位、FP2を2番手で終えた。しかもFP2は、ソフトタイヤを履いて最速タイムを計測したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンから僅か0.008秒差のタイムを、ミディアムタイヤを履いて記録した。

 ボッタスはここ数戦、苦しいレースが続いている。モナコでは2番手を走りながら、ホイールが外れないというトラブルに見舞われてリタイア。アゼルバイジャンGPではまったく良いところがなく、12位完走に終わった。

■角田裕毅、F1フランスGP初日は”満足”「中団グループは大接戦だけど、僕らにはペースがある」

 2レース連続で無得点に終わったことで、ボッタスのドライバーズランキングは6番手まで下落。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン