サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 感情を爆発させたボッタスの無線での発言に、メルセデス代表喜ぶ

ここから本文です

 メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームのドライバーであるバルテリ・ボッタスがフランスGPの決勝レース中に、無線で激しい口調でチームを批判したことを歓迎した。

 ボッタスはレース序盤に3番手を走っていたが、トップ3の中で最も早くピットストップを実施。これでハードタイヤを履き、そのままチェッカーを目指すことになった。

■レッドブル2台に“カモ”にされ4位のボッタス、声を荒げた無線にも後悔はナシ?「自分の考えを伝えただけ」

 対して当初2番手を走っていたレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ボッタスの1周後にピットストップを行ない、ボッタスの前でコースに復帰。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン