サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ワンミスの「代償」はますます大きく! 先進化で壊すと「多大な出費」を覚悟すべきクルマのパーツ5つ

ここから本文です

 電動化によって手間が増えた側面も

 クルマ自体の価格もそうだが、修理代金も高騰するばかりだ。人手不足による人件費や部品代の高騰など、要因はさまざま。理由はどうであれ、財布への負担は増すばかりだ。最近高くなってきたものもあれば、もともと予想以上に費用や手間がかかる修理もあるため、それらをまとめてみた。

【ケチった結果が大惨事に!】クルマの消耗品を交換しないと何が起こるか「10のポイント」別に解説

 1)ドアミラー

 当て逃げされることもあるし、自分でぶつけて破損しやすいドアミラー。ドア自体が歪んでいなければ、一見すると単純に取り替えればいいように思えるが、じつは電動化によって中身はけっこうギチギチ。

おすすめのニュース

サイトトップへ