サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【積載インプレ】ホンダ「CB400 SUPER FOUR」/日帰りサイズからキャンツーリング用まで4種類のバッグでパッキング・テスト

ここから本文です

【積載インプレ】ホンダ「CB400 SUPER FOUR」/日帰りサイズからキャンツーリング用まで4種類のバッグでパッキング・テスト

現行モデルのバイクにいろいろなバッグを積んでみる「積載インプレ」。今回はこれぞニッポンの400cc、ホンダ「CB400SF」で実践します!

発売から約18年、歴史ある400ccの積載能力はいかに?
さあ、今回は王道400cc、ロングセラーのCB400SFです。普通二輪免許取得時の教習車としてお世話になった方も多いでしょう。もしかしたら、日本一多くの人に乗られたバイクかもしれませんね。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

このバイク、いつ見ても、かっこいいですね。日本のどこに置いても絵になります。

小回りもきくからちょっとコンビニに行くのも通勤通学に使えて、峠はもちろん得意中の得意、高速道路の巡行も快適です。

乗るたびに「やっぱりいいなあ、オンロードで万能すぎるなあ」と思います。

バイク用ではないバッグをストレッチコードで積載!
では、さっそく積んじゃいましょう。まずは僕の好きな帆布のバッグスタイルからご覧ください。

今回はストレッチコードを使用し、バイク用ではない帆布のダッフルバッグを積載しています。

リアシートの座面の広さ・形状は申し分なし。ほとんどフラットで、大きなバッグも安定して載せることができるでしょう。

ただ、正直なところ、荷掛フックはビミョーだと思いました。
前側は最近のホンダ車によく備わっているこの突起が役に立ちます。

問題は後ろ側。グラブバーの下部に短めの突起が備わっています。

位置がリアシートのほぼ中央というのがやっかいです。

これはストレッチコードを使うことを想定されて作られていないのでしょう。

おそらくですが、「ツーリングネット」でのパッキングを想定された荷掛フックです。

ツーリングネットは便利で簡単に使えるアイテムですが、長旅向けではないんですよ。良くも悪くもかっちりしていない。荷物の容量変化への対応のしにくさ、固定力の低さから、僕はもう10年は使っていません。

さて、話を戻して、後ろ部分をどう引くか。

ちょっと技を使いました。魔法のループです。

こんなふうにして、グラブバーの突起を利用しながら、荷掛箇所を増設します。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します