サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > デメリットも多数聞くがなぜ? 日本車ばかりがCVTを採用する理由とは

ここから本文です

 本体はコンパクトで制約の多い軽自動車などに向いている

 CVTを搭載したクルマは、軽自動車やコンパクトカーを中心にたくさんある。理由はオートマチックトランスミッション(AT)のサイズで、多段化するとギヤの数が増えるので本体も大型化。スペースの限られたジャンルのクルマでは搭載するのに制約が出てしまうというのがある。また、ドライブフィールもショックがなく、滑らかではあるので女性ユーザーの多い軽自動車に向いている。

【レクサスLC500やカマロは10段!】ギヤの段数は多ければ多いほどいいのか

 ただし、一時CVTは世界的に見て、日本だけのガラパゴス技術などと呼ばれていた。実際、海外メーカーは今でも採用するクルマはほぼなし。

おすすめのニュース

サイトトップへ