サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTM、第2戦ラウジッツリンクでオーバルのターン1を使用。FIAの認可が下りる

ここから本文です
 7月20日、DTMドイツ・ツーリングカー選手権は7月23~26日にラウジッツリンクで開催されるDTM第2戦で、かねてから検討していたオーバルのターン1の使用について、7月20日に行われたFIA国際自動車連盟の現地承認の結果、使用の認可が下りたと発表した。

 ユーロスピードウェイ・ラウジッツの正式名称をもつラウジッツリンクは、ブランデンブルク州に2000年にオープン。当初はアメリカンスタイルのオーバルレースの開催も可能なコースとして、メインストレートをトライ・オーバルとロードコースで兼ねるレイアウトで設計された。過去にはチャンプカー・ワールドシリーズも開催されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン