サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【高身長の人はジャマになることも!】 クルマのルームミラーは設置位置を動かしたり外したりしてもいい?

ここから本文です

【高身長の人はジャマになることも!】 クルマのルームミラーは設置位置を動かしたり外したりしてもいい?

 ルームミラーはなくても車検には通る

 カメラを使ったスマートミラー(液晶ディスプレイ)やワイドミラーで、より見やすくする人も多いルームミラー。

【今さら聞けない】ルームミラーのレバーやスイッチの役割と使い方とは?

 その必要性を否定する人はいないだろうが、保安基準上、ルームミラーの取り付け義務はないので、取り外してしまったり、設置場所を移動させても違法にはならないし、車検も通る。

 道路運送車両法の保安基準・第44条には、「自動車は後写鏡を備えなければならない」と記されているが、この「後写鏡」とは、ドアミラーやフェンダーミラーのことで、室内のルームミラーについては、法律的に備える必要性はない。

 衝撃を受けた際に脱落する構造でなくてはならない!

 ただし、ルームミラーの取り付けは任意だが、「事故などで衝撃を受けた時、乗員のケガを防ぐために脱落する構造(可変式もしくは脱着式)であること」というルールはある。また、大き過ぎたりして、前方の視認性を妨げるもの、妨げる恐れのあるものは、保安基準違反になるので要注意。

 ルームミラーの取り付け方法には、ルーフ側から支持アームを吊り下げる「吊り下げ型」と、フロントガラスに台座を接着して、そこから支持アームを伸ばす「接着型」があるが、どちらを採用するかは自由。国産車やBMWは「吊り下げ型」が多いが、近年「接着型」も増えてきている。

 というわけで、法律上は装着義務のないルームミラーだが、多くのドライバーにとって、なければ非常に不便で、ワゴン車やミニバンで荷物を満載にして、ルームミラーで後方が見えなくなると不安になるはず。

 安全面を考えれば、ルームミラーは機能していた方がメリットが多いのは明らかなので、今後はリヤカメラをメインにしたデジタル化によって、ますます重要性が増していくに違いない。

 法規的にはなくてもいいルームミラーも、利便性、安全性を考えると、なくてはならない存在になっていくことだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します