サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 信号待ちでライト消灯 なぜ? 過去の慣習になりつつあるも根強い「消す派」

ここから本文です

ヘッドライト いまのクルマは容易に消せなくなっている

 夜間、交差点などでの信号待ちで、ヘッドライト(前照灯)を消しているクルマが一部で見られますが、今後はこうしたことが少なくなっていくかもしれません。というのも、いまのクルマは容易に消せない構造になっているからです。

クルマの「きれい」、どう保つ? コツは「ディーラーの営業担当」にアリ

 2020年4月以降の新車から、周囲の明るさが一定以下になるとロービーム(すれ違い用前照灯)を自動で点灯する「オートライト」の装備が義務化されています。薄暮れの時間帯に交通事故が多い実態を踏まえた措置です。

おすすめのニュース

サイトトップへ